0 / 140

【iPhone】iMessageのメッセージ開封通知を有効または無効にする方法

iPhoneにデフォルトで搭載されているメッセージアプリ「iMessage」の優れた機能のひとつである「開封通知」機能は、送信したメッセージを相手が開封したかを知ることのできるとても便利なものです。

でも、ビジネスシーンでこれを使用していたり、相手によっては“有効”にしておくことが必ずしも得策ではない場合があります。そんな危惧がある相手の場合には、この機能を“無効”にしておきたいですね。幸いにも、AppleはiMessageのこの「開封証明を送信」する機能の“オン・オフ”オプションを設定しています。そして、iOS 11では、連絡先ごとに「開封送信」機能の“オン・オフ”設定を個別に切り替えて設定することもできます。

iPhone:iMessageの「開封証明を送信」する機能を有効または無効に設定する方法

  1. 先ずは、iPhoneの設定アプリを開き、画面をスクロールして「メッセージ」アプリを探します。見つけたら、これをタップして「メッセージ」機能の設定画面を開きます。
  2. ここでは、「開封証明を送信」する機能の“オン・オフ”オプションを選択することができます。好みに応じて、開封の送信をオンまたはオフに切り替えましょう。この設定は基本的にすべてのiMessageに有効です。

iMessageの連絡先ごとにこれを変更することもできます。これを行うには、メッセージアプリを起動し、設定を変更したいメッセージスレッドを開き、画面右上の「i」アイコンをタップし、表示画面にある[開封証明を送信]のトグルボタンを好みに合わせてオン・オフ設定してください。

連絡先ごとに開封通知を切り替えて設定できるこの機能は、とても便利ですね。お使いのiPhoneでざひ試してみてください。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です