0 / 140

Mozilla、Thunderbird 60.4.0最新版リリース。WebExtensionsによるFileLink APIをサポートし、Dropboxなどを経由した添付ファイルの送信が可能に

Mozillaは2018年12月21日(現地時間12月20日)、Windows PC、MacおよびLinux向けメールクライアントThunderbirdの最新バージョン「Thunderbird 60.4.0」をリリースしました。

メジャーアップデート・バージョン「Thunderbird 60.0」では、「Firefox Quantum」で採用された“Photon”デザインが導入され、外観がFirefoxと共通となりました。また、Thunderbird 60.0はFirefox 60と同じレンダリングエンジン「Gecko 60」を搭載しており、バックエンドもFirefox 60相当となっています。

タブの外観変更をはじめ、「Light」と「Dark」の2種類のテーマ選択や、WebExtensionテーマの有効化もできるようになっています。また、チャット画面のテーマも複数用意されています。そのほかにも数多くの新機能や修正、変更が行われています。

Thunderbird 60.4.0リリース ノート

今回の「Thunderbird 60.3.0」最新版アップデートでは、新機能として、WebExtensionsによるFileLink APIをサポートし、WeTransferおよびDropbox用のFileLinkアドオンによるDropboxなどを経由した添付ファイルの送信が可能になります。

本バージョンにおける新機能は、“WebExtensions”で“FileLink API”がサポートされたこと。

新機能

  • WebExtension において FileLink アドオン (添付ファイルをリンク共有するもの) を可能にする FileLink API の実装 (WeTransfer および Dropbox によるアドオン提供が計画中)

修正

  • あまり一般的ではない文字セット (cp932, cp936) のメッセージのデコードで発生する問題を修正
  • 下書きフォルダー (他の特別および仮想フォルダーを含む) 内の新しいメッセージは、新着メッセージ通知の対象とならなくなった

既知の問題点(未解決)

  • 新着メッセージ通知の音をカスタマイズしているとクラッシュする。システムの通知音を使うことで回避可能
  • Mozilla プラットフォームの変更により、Windows のネットワーク共有においてドライブレターが割り当てられていたプロファイルは、UNC で認識される
  • いくつかのサーバーへの CalDav アクセスが機能しない。network.cookie.same-site.enabled を false とすることで回避できる
  • チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない

なお、ThunderbirdのカレンダーアドオンであるLightningをインストールしている場合、Windows、Mac、Linux向けメールクライアント「Thunderbird」の新しいバージョンに合わせて自動的に更新されます。ただ、既存のThunderbird 5以降からの自動アップデートは停止されているので、以下のようにメニュー「Mozilla Thunderbirdについて」から新規ダウンロードを行う必要があります。

システム要件

  • Windows:Windows 7、Windows Server 2008 R2以降
  • Mac:Mac OS X 10.9以降
  • Linux:GTK + 3.4以上。

また、新規にダウンロードする場合などでは、MozillaのThunderbirdダウンロードサイトからダウンロードすることができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です