0 / 140

Mozilla、Firefox 67.0.3デスクトップ向け修正バージョンをリリース。緊急性の高いセキュリティ脆弱性に対応

Mozillaは2019年6月19日(現地時間6月18日)、Windows、Mac、Linuxなどデスクトップ向けのWebブラウザFirefoxのメジャーアップデート版として5月22日にリリースされた「67.0」の3度目となる修正バージョン「Firefox 67.0.3」をリリースしました。

今回5月22日にメジャーアップデートされたMozillaのWebブラウザ「Firefox 66.0」では、未使用のタブを中断、起動するまでコンポーネントの初期化を遅らせるなどのいくつかの機能変更により、Firefoxのパフォーマンスが向上しています。また、そのほかにも数多くの新しい機能が追加されています。

また、初の修正バージョン「Firefox 67.0.1」では、ユーザーに Mozilla のプロダクトおよびサービス群を紹介するためのウェブページおよびブラウザ機能が追加されるなど、いくつかの新機能が追加されています。ユーザーに Mozilla のプロダクトおよびサービス群を紹介するためのウェブページおよびブラウザ機能が新たに追加され、これらによりプライバシー保護が強化されました。
そして、前回の修正バージョン「Firefox 67.0.2」では、コンソールでの JavaScript エラーをはじめ、プロキシー認証のダイアログボックスが繰り返しポップアップされる問題やホームページのカスタムが破損する問題など数多くの問題が修正されました。

今回の修正バージョン「Firefox 67.0.3」では、セキュリティ脆弱性に関する緊急の対応がなされています。

Firefox 67.0.3デスクトップ版リリースノート

修正

セキュリティ修正

今回のアップデートでのセキュリティ問題についての修正は1件のみですが、重要度区分として最も高い「最高(critical)」ランクとなっています。Firefoxユーザーは速やかにアップデートすることが推奨されています。

  • critical]CVE-2019-11707: Type confusion in Array.pop
    A type confusion vulnerability can occur when manipulating JavaScript objects due to issues in Array.pop. This can allow for an exploitable crash. We are aware of targeted attacks in the wild abusing this flaw.

今回アップデートされた「Firefox 67.0.3」は、Windows、Macそして Linux向け、およびAndroidがリリースされており、すでにFirefoxがインストールされている場合にはメニュー「Firefoxについて」から、あるいはMozillaWebサイトよりダウンロードいつでもアップデートすることができます。

なお、Mozillaは、6〜8週間隔で新しいFirefoxのバージョンをリリースしています。Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップ向け次期メジャー・アップデート版「Firefox 68」は現地時間2019年7月9日(火)のリリース予定となっています。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です