0 / 140

「Microsoft リモート デスクトップ 10.1.0」iOS向け最新版をリリース。マウスまたはトラックパッドでリモート セッションを制御(iPadOS 13.4 以降)

Microsoft Corporationは、スマホやタブレット・パソコンからWindowsをネットワーク経由で操作することができるリモートデスクトップクライアントアプリ「Microsoft リモート デスクトップ」をアップデート、iOS向け最新バージョン「Microsoft リモート デスクトップ 10.1.0」をリリースしました。

今回のバージョンアップでは、iPadOS 13.4 以降のデバイスで、マウスまたはトラックパッドでリモート セッションを制御できるようになりました。

Microsoft リモート デスクトップ 10.1.0 (無料)
カテゴリ: ビジネス,仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation(サイズ: 47.25 MB)
全てのバージョンの評価: (394件の評価) iPhone/iPadの両方に対応

「Microsoft リモート デスクトップ 10.1.0」の新機能

多くの方がお待ちいただいているアップデートです!iPadOS 13.4 以降、マウスまたはトラックパッドでリモート セッションを制御できるようになりました。

• Apple Magic Mouse 2 および Apple Magic Trackpad 2 のサポート (左クリック、左ドラッグ、右ドラッグ、横スクロール、縦スクロール、ローカル ズーム) をサポート。
• 外部マウスのサポート (左クリック、左ドラッグ、右ドラッグ、中クリック、縦スクロール)。
• マウスおよびトラックパッドのクリックによる CTRL、ALT、および SHIFT キーの状態のサポート (複数選択や範囲選択などの機能を使用可能)。
• トラックパッドの「タップしてクリック」機能のサポート。

マウス ポインタ モードの右クリック ジェスチャも更新し、長押ししたままにします (押し放さない)。iPhone では右クリック ジェスチャーを見つけると触覚フィードバックが送られてきます。

さらに、以下の改善を行いました。

• [iOS 設定]、[RD クライアント] で NLA 強制を無効にするオプションを追加しました。
• Ctrl + Shift + Escape を CTRL + SHIFT + ESC にマッピングしました (Escape は、iPadOS または Command + で再マップされたキーを使用して生成されます)。
• Command + F を CTRL + F にマッピングしました。
• SwiftPoint の中央ボタンが機能しない問題を修正しました。
• "rdp:" URI の処理を妨げていたいくつかのバグを修正しました。
• 切断がサーバーによって開始された場合、セッション中のイマーシブ スイッチャー UI が古いアプリ エントリを表示する問題に対処しました。

そして最後に、Windows Virtual Desktop (WVD) Spring 2020 Update のサポートを追加しました。

App Store、アプリ内フィードバック、メールで送信されたすべてのコメントに感謝します。さらに、問題を診断するために私たちと協力してくれたすべての人に感謝します。エラーが発生した場合は、[ヘルプ]、[問題の報告] からお問い合わせください。

スクリーンショット

  • iPhone
  • iPad

Microsoft リモート デスクトップ 10.1.0 (無料)
カテゴリ: ビジネス,仕事効率化
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation(サイズ: 47.25 MB)
全てのバージョンの評価: (394件の評価) iPhone/iPadの両方に対応

The following two tabs change content below.
Staff
moshbox盛上げ隊!moshメンバーによる、日々のApps更新情報(iOS・Mac)の配信や、お問い合わせ対応、moshboxの運営・編集を行っています。誰が書いたか分からない!マニアな方々は是非誰が書いたか想像してみて下さい。こちらは基本まじめに配信しております。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です