0 / 140

Mozilla、Firefox 102.0デスクトップ向け最新安定版をリリース。ダウンロードが開始されるたびにダウンロードパネルが自動的に開かれることを停止できるように、など。

Mozillaは2022年6月29日(現地時間6月28日)、Windows、Mac、Linuxなどデスクトップ向けのWebブラウザFirefoxの定期的なメジャーアップデートとなる「Firefox 102.0」を正式リリースしました。

今回リリースされたMozillaのWebブラウザ最新バージョン「Firefox 102.0」では、以下の新しい機能や修正が行われています。

Firefox 102.0デスクトップ版リリースノート

新機能

  • 新しくダウンロードが開始されるたびにダウンロードパネルが自動的に開かれることを停止することができるようになった。詳細は こちらのサポート記事 を参照されたい。
  • 強化型トラッキング防止機能の厳格モードにおいて、クエリーパラメーターによるトラッキングからの保護が可能となった。

修正

  • Windows: スクリーンリーダーの使用中に要素をアクティブにするためにエンターキーを押したときに、失敗する、誤った要素や異なるアプリケーションのウインドウを選択してしまう、といったことがなくなった。スクリーン上に何が表示されているかを明確に読み上げ、ユーザーが必要とするものを的確に提供できる。

変更

Enterprise

開発者

  • 開発者ツールのスタイルエディタータブで、スタイルシートをフィルターできるようになった。

Web Platform

  • TransformStream および ReadableStream.pipeThrough を実装。ReadableStream から WritableStream へパイプし、それぞれのチャンク上での変換を実行できるようになった。
  • ReadableStream, TransformStream, WritableStream がすべて譲渡可能となった。
  • WebAssembly に対するコンテンツセキュリティポリシー (CSP) の指定が可能となった。’unsafe-eval’ あるいは新しい ‘wasm-unsafe-eval’ というキーワードをポリシーで指定しない限り、スクリプトの実行を制限するポリシー内では WebAssembly は実行されなくなる。

セキュリティ修正

今回のアップデートでのセキュリティ修正は合計19個で、重要度別の区分では重要度区分「最高(critical)」はないものの、「高(high)」4件、「中(moderate)」11件、そして最も低レベルの「低(low)」4件の修正が行われています。

重要度「高」のセキュリティ修正情報

重要度「中」のセキュリティ修正情報

重要度「小」のセキュリティ修正情報

▶︎Security Vulnerabilities fixed in Firefox 102 — Mozilla

Firefox 102.0」は、Windows, Mac そして Linux向けがリリースされており、すでにFirefoxがインストールされている場合にはメニュー「Firefoxについて」から、あるいはMozillaWebサイトよりダウンロードいつでもアップデートすることができます。Firefox 102.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 102.0 システム要件 を参照されたい。また、延長サポート版である Firefox ESR 91.11.0 もリリースされています。

Mozillaは、6~8週間隔で新しいFirefoxのバージョンをリリースしています。Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップ向け次期メジャー・アップデート版「Firefox 103」は現地時間2022年7月26日(火)のリリース予定となっています。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。