0 / 140

Mozilla、Firefox 104.0デスクトップ向け最新安定版をリリース。ピクチャーインピクチャーにおいて、Disney+ のサブタイトルが利用可能に、など。

Mozillaは2022年8月24日(現地時間8月23日)、Windows、Mac、Linuxなどデスクトップ向けのWebブラウザFirefoxの定期的なメジャーアップデートとなる「Firefox 104.0」を正式リリースしました。

今回リリースされたMozillaのWebブラウザ最新バージョン「Firefox 104.0」では、以下の新しい機能や修正が行われています。

Firefox 104.0デスクトップ版リリースノート

新機能

  • ピクチャーインピクチャーにおいて、Disney+ のサブタイトルが利用可能となった。
  • scroll-snap-stop 属性および re-snapping をサポート。scroll-snap-stop 属性は常に利用可能であり、スナップポイントを通過するかどうかを指定できる。Re-snapping は、コンテンツやレイアウトの変更があっても最後のスナップポイントを記憶する。
  • Firefox プロファイラーによって、ウェブサイトによる電力消費を解析できるようになった (Apple M1 および Windows 11 のみ)。
  • バックグラウンドのタブと同様、Firefox の UI それ自体も最小化・閉塞時にパフォーマンス、電力消費のスロットリングの対象となった。

修正

  • Yahoo Mail や Outlook のメッセージ編集画面でEnterキーを押してもハイライトカラーが正しく保存されるようになった。
  • HTTPS-Only のエラーページを迂回した後でナビゲーションを戻ると、一度消したエラーページが再表示される問題を修正。前に訪れていたページに戻るようになった。
  • テキストエリアで、書式なしでのペーストのショートカット (shift+ctrl/cmd+v) が機能するようになった。

Enterprise

セキュリティ修正

今回のアップデートでのセキュリティ修正は合計6個で、重要度別の区分では重要度区分「最高(critical)」と「中(moderate)」はないものの、「高(high)」4件、そして最も低レベルの「低(low)」2件の修正が行われています。

重要度「高」のセキュリティ修正情報

重要度「小」のセキュリティ修正情報

▶︎Security Vulnerabilities fixed in Firefox 104 — Mozilla

Firefox 104.0」は、Windows, Mac そして Linux向けがリリースされており、すでにFirefoxがインストールされている場合にはメニュー「Firefoxについて」から、あるいはMozillaWebサイトよりダウンロードいつでもアップデートすることができます。Firefox 104.0 の利用に必要なシステム要件については、Firefox 104.0 システム要件 を参照されたい。また、延長サポート版である Firefox ESR 91.13.0 および 102.2.0 もリリースされています。

Mozillaは、6~8週間隔で新しいFirefoxのバージョンをリリースしています。Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップ向け次期メジャー・アップデート版「Firefox 105」は現地時間2022年9月20日(火)のリリース予定となっています。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。