0 / 140
CAPTCHA Image

【iCloud】iCloudでバックアップしたデータを簡単に削除する方法

iCloudは暗号化及び自動バックアップと、セキュアで便利なバックアップ機能を提供してくれるサービスです。でも、新しいiPhoneが出るたびに機種変更などを行っていると、代々のiPhoneのバックアップが存在することになり、あっと言う間に、無料で使える5GBのストレージを圧迫してしまいます。基本となる無料ストレージ容量は5GBとちょっと物足りない。ストレージ容量を追加すればいいのですが、もちろんそれは有料となってしまいます。
iCloudストレージプランの上限を超えた場合、写真やビデオがアップロードされなくなってしまい、iOSデバイスからiCloudへのバックアップも停止してしまいます。iCloud DriveやiCloud対応アプリの最新情報もデバイス間で同期されなくなり、iCloudメールアドレスでのメッセージの送受信も出来なくなってしまいます。

こんなストレージ容量不足にならないために、iCloudストレージの管理をしっかり行いましょう。不要になったバックアップデータ、書類、写真、そしてメールメッセージなどを削除して、iCloudストレージをクリーンに保つようにしましょう。

iCloudでバックアップしたデータを削除する方法

iCloudストレージの管理は、iOSデバイス、Mac及びWindows PCなど使用しているデバイスから行うことが出来ます。

iOSデバイスから行う方法

iPhone、iPadおよびiPod touchなどのiOSデバイスから行う場合の手順です。ここではiPhoneを例に紹介します。

1.iCloudの「ストレージを管理」ページを開く

「設定」アプリを起動して、[設定]→[iCloud]→[容量]と進み、「ストレージを管理」を開きます(iOS 8以降の場合)。iOS 8より前のバージョンの場合は、[設定]→[iCloud]→[ストレージとバックアップ]と進み、「ストレージを管理」を開きます。

iCloud_iOS-01iCloud_iOS-02

2.不要なiOSデバイスをタップ

「ストレージを管理」ページを見ると、バックアップ保存されているiOSでバイスや書類およびデータ、メールなどの保存情報を見ることが出来ます。iCloudを長い間使っていると、歴代のiOSデバイスのバックアップが並んでいて、完全にストレージを圧迫する状態となっていたりします。「バックアップ」セクションの中にある不要なiOSデバイスをタップします。

iCloud_iOS-03

3.「バックアップを削除」をタップ

iOSデバイスのバックアップ内容「情報」ページに進んだら、画面下にある「バックアップを削除」をタップします。

iCloud_iOS-04

4.「オフにして削除」をタップ

確認メッセージが表示され、「バックアップをオフにして、iCloudから”(iOSデバイス名)”のバックアップデータをすべて削除しますか?」と聞いてきます。「オフにして削除」をタップすれば、バックアップの削除が開始されます。

iCloud_iOS-05iCloud_iOS-06

バックアップを削除すると、該当iOSデバイスのバックアップもオフになります。再度、バックアップの設定をオンに戻したい場合には、以下の記事を参照ください。

Macから行う方法

1.「システム環境設定」を開く

Appleメニューから「システム環境設定」を開きます。

iCloud_Mac-01

2.「iCloud」をクリック

「システム環境設定」画面にある「iCloud」をクリックします。

iCloud_Mac-02

3.「管理…」をクリック

「iCloud」画面に右下にある「管理…」をクリックします。

iCloud_Mac-03

4.「バックアップ」をクリック

「ストレージ管理」するページで「バックアップ」をクリックします。

iCloud_Mac-04

5.削除するiOSデバイスを選んで「削除」

「バックアップ」をクリックすると、画面右側にバックアップされているiOSデバイスが表示されます。削除したいiOSデバイスを選んで、左下の「削除」ボタンをクリックします。

iCloud_Mac-05

6.「削除」をクリック

確認画面が表示されるので、「削除」ボタンをクリックします。

iCloud_Mac-06

iOSデバイスの時と同様に、バックアップを削除すると、該当iOSデバイスのバックアップもオフになります。再度、バックアップの設定をオンに戻したい場合には、以下の記事を参照ください。

Windows PCから行う方法

Windows PCの場合もMacとほぼ同様の処理の流れになります。

1.「保存容量」をクリック

「iCloud for Windows」を起動し、「保存容量」をクリックします。

iCloud_Win-01

2.「バックアップ」をクリック

「ストレージ管理」するページで「バックアップ」をクリックします。

3.削除するiOSデバイスを選んで「削除」

「バックアップ」をクリックすると、画面右側にバックアップされているiOSデバイスが表示されます。削除したいiOSデバイスを選んで、左下の「削除」ボタンをクリックします。

4.「削除」をクリック

確認画面が表示されるので、「削除」ボタンをクリックします。
iOSデバイスやMacと同様に、バックアップを削除すると、該当iOSデバイスのバックアップもオフになります。再度、バックアップの設定をオンに戻したい場合には、以下の記事を参照ください。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です