0 / 140

【ポケモンGO】フリーズの原因はアプリ内の「バッテリーセーバー」設定!?

昨日7月22日(金)に日本でもAndroid版iOS版ともにリリースされた「Pokémon GO」。ゲームアプリ内の「バッテリーセーバー」設定することで、画面を見ていなくてもポケモンが近くにいることを教えてくれることを紹介しました。実はこの方法、一部のユーザーで起こっている「プレイ中に何も反応しなくなってフリーズ」してしまう問題の原因となっているかもしれません。

PokemonGO-Freeze

アプリ内の「バッテリーセーバー」設定にチェックを入れると、スマホを下に向けると画面が暗くなり、ポケモンが近くに出現したタイミングで通知してくれるというもの。位置情報を基にしたAR(拡張現実)でのプレイでの激しいバッテリー消耗を抑えてくれるとあって、利用しているユーザーも多いかと思います。

アプリ内の「バッテリーセーバー」がフリーズの原因?

実は、このバッテリー節約の決定打と思われていた「バッテリーセーバー」設定が、ゲームをフリーズさせている原因だなんて…。残念ながら、Twitterのツイートで「バッテリーセーバーをオンにしてたらちょくちょくフリーズ」「オフにしたら1回もならなくった」「バッテリーセーバー使うとすぐに画面反応しなくなる」などのつぶやきが多く取り上げられています。

「ポケモンGO」をプレイする上で、バッテリー消耗は最大の悩みです。この問題を解決してくれるはずの「バッテリーセーバー」設定だったはずが仇になったカタチですね。やっぱり、バッテリー問題は別の方法で解決するしかないか…。

「バッテリーセーバー」設定をオフにしましょう

ということで、上記toxitterツイートにある症状を感じたら、アプリの設定から「バッテリーセーバー」設定をオフにしましょう。

  1. 画面下、中央にある「モンスターボール」をタップすると「メニュー」を開きます。
    PokemonGO-menu-01
  2. 次に、メニュー画面の右上にある[設定]アイコンをタップします。
    PokemonGO-menu-02
  3. 設定画面にある「バッテリーセーバー」の右サイドにチェックが入っていたら、チェックを外します。
    PokemonGO-menu-03

    設定を“オフ”にしたら、画面中央下の円内に×印の[終了]アイコンをタップして終了しましょう。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。