0 / 140

iPhone、iPad、およびMacでFaceTimeをオフにする方法

本日、iPhone、iPad、およびMac上でFaceTimeを使用する際のやっかいなバグが発見されました。また、このバグの発見と機をいつにしてAppleステータスでのFaceTimeの障害も発生しています。FaceTimeバグ問題については、誰かがFaceTimeを通して音声を盗聴することができるというものです。これは悪意の有る無しに関わらず聞くことができてしまいます。

現段階では、FaceTimeを完全に無効にする以外に、Appleの修正バージョンを待つしか手がありません。ここでは、iPhone、iPad、およびMac上でのFaceTimeを完全に無効にする方法を説明します。

ちなみに、iOSデバイスを複数持っている場合、ひとつの機器でFaceTimeを無効にしても、他のデバイスのFaceTimeを無効にしたことにはなりません。つまり、iPhone、iPad、およびMacすべてのデバイスで同様の手順を行う必要があります。ただし、Apple Watchの場合は、iPhoneで行うことでFaceTimeを完全に無効することができます。

iOSデバイスでFaceTimeをオフにする方法

iPhone、あるいはiPadでFaceTimeをオフ、無効にするには、以下の手順を実行してください。

  1. まず最初に、iOSデバイスの[設定]アプリを開きます。
  2. 開いた設定画面を下にスクロールし、[FaceTime]アイコンを探し、見つけたらタップします。
  3. 「FaceTime」の設定ページにある[FaceTime]トグルボタンを“オフ”、グレーに切り替えます。

MacでFaceTimeをオフにする方法

Mac上でFaceTimeを無効にするには、以下の手順を実行してください。

  1. まず、Mac上でFaceTimeアプリを開きます。
  2. 開いたら、画面上部のメニューバーにある[FaceTime]をクリックします。
  3. プルダウンメニューにある[FaceTimeをオフにする]をクリックします。

これで、FaceTimeは使えなくなりますが、AppleはこのFaceTimeバグを認識しており、「今週中に」これを修正したアップデートを公開すると言っています。それまでの間の辛抱です。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です