0 / 140
CAPTCHA Image

iOS 10.2でiOS 10.1.1のバッテリのパフォーマンス問題は解決?【Video】

AppleのiOS 10.1.1で起きたバッテリー残量があるのに電源が落ちる問題は、iOS 10.2で改善した?Appleは一部のiPhone 6sでバッテリー残量がある状態でのシャットダウンしてしまう現象やiOS 10.1.1のバッテリー消費の異常について認めています。iPhone 6sについてはバッテリーの無償交換を提示するなどの対応を見せています。ただ、今のところユーザー所有のiPhoneデバイスで、最新のiOS「iOS 10.2」リリースによってバッテリー性能が改善されたかははなはだ疑問です。

Battery_Performance_Test-iOS1011vsiOS102

iOSのスピード比較テストなどを行なっているiAppleBytesが興味深い「iOS 10.1.1とiOS 10.2」のバッテリーパフォーマンステストを行なっています。iAppleBytesでは以前にも「iOS 10.0.1とiOS 9.3.5」で同様のテストを行なっています。iPhone 6sでiOS 9.3.5が4時間58分でiOS 10.0.1では5時間17分という結果になり、iOS 10になってバッテリー寿命が飛躍的に伸びたことを実証しました。


今回行なったバッテリー寿命テストでも、iOS 10.1.1およびiOS 10.2を搭載したiPhone 6sを使って行われました。iOS 10.1.1を実行しているiPhone 6sでは5時間22分、最新のiOS 10.2では5時間24分という結果になり、以前のテスト結果を上回るパフォーマンスとなりました。

iOS1011vsiOS102

このテスト結果から、バッテリー寿命の点ではiOS 10.2はiOS 10.1.1をわずかに上回る改善ということになります。iOS 10.1.1のバッテリ問題が実際にiOS 10.2で解決したかどうかははなはだ疑問の残るところですね。詳細の内容については以下の動画をご覧ください。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です