0 / 140
CAPTCHA Image

【iCloudタブ】家のMacで見ていたWebの続きをiPhoneで見る

「iCloudタブ」を設定しておけば、家のMacで見ていたWebページの続きをiPhoneやiPadでも見られるようになります。MacもIphoneもiPadも使うブラウザを「Safari」にする必要がありますが、読みかけのページの続きを特別な操作もいらず他のデバイスで読めるのは意外に便利です。

01_0tag_top

1.Safari(ブラウザ)の「タブ」とは何か

これがSafariの「タブ」アイコンです。

02_1tag

普通ブラウザで「タブ」というと、Macなどパソコンのブラウザで複数のサイトを開いたときできる、ノートのインデックスラベルのような部分のことです。iPadのブラウザもこの方式です。

03_1tab

iPhoneの場合はどうか? Safariの画面右下の「タブ」アイコンをタップします。

04_tab

iPhoneの場合は画面が小さいので、画面を切り替えて、これまで見たページを斜め上から見たような形で表示します。この1つ1つがタブです。

04_1tab_gamen

ちょっと横道。
iPhoneの「タブ」アイコンを押したら、とんでもない数のタブが出てきたらどうするか。
「タブ」アイコンを長押し、「○個のタブを閉じる」をタップすれば、一気に消せます。

05_1tab_icon

05_1tab_all

「タブ」アイコンの基本が分かったところで、次は「iCloudタブ」。

2.iCloudタブの使い方

「iCloudタブ」とは何かというと、「iPhone、iPad、iPod touch、MacのSafariで開いたウェブサイトをどのデバイスでも続けて読める機能」のことです。「iCloudタブ」という特別な形をした「タブ」がどこかあるわけではなく、テキスト(文字)で表示されます。

<iPadの場合>

まず、iPadにMacやiPhoneで見ていたページがどう表示されるか。
「タブ」アイコンをタップすると、

06iPad_tob

「○○のiMac」「○○のiPhone」という形で表示されます。

07iPad_tab

<iPhoneの場合>

「タブ」アイコンをタップ。
08iPhone_tab1

開いているタブの数にもよりますが、「iCloudタブ」が開いた画面に表示されない時があります。その場合は、上に画面をスワイプ。

09iPhone_tab2

「○○のiPad」「○○のiMac」という形で表示されます。

10iPhone_tab3

ちなみに、表示されたiCloudタブを右にスワイプすると削除できます。

11iPhone_tab4

3.iCloudタブの設定の仕方

iCloudタブを使うには、
①同じApple IDでサインインしていること、
②Safariをブラウザに使っていること
が前提です。

iCloudタブの設定は簡単で、使いたいMac、iPad、iPhoneの
「設定」(Macの場合は「システム環境設定」)>「iCloud」
「Safari」をオンにするだけです。

<iPhoneの場合>12_settei_iPhone_ID

15_settei_iPhone_safari

<iPadの場合>
16_settei_iPad_safari

<Macの場合>
17_settei_Mac_safari

以上で説明は終わりですが、「Apple IDって何?」という人のために最も簡単な確認の仕方を。
実は、Safariをオンにする画面にApple IDは出てきています。
このメールアドレスがあなたがiCloudに使っているApple IDです。

<iPhoneの場合>12_settei_iPhone_ID

<iPadの場合>

13_settei_iPad_ID<Macの場合>
14_settei_Mac_ID

iPhoneとMacで違ったApple IDを使っていた人は、ここで「iCloudタブなんか使うもんか!」になってしまうかもしれませんが、一応Apple IDの変更方法のリンク先を載せておきます。

Apple ID を変更する

The following two tabs change content below.
nob
MZ-80いじってました。アップルはMacintosh IIcxから(平和な時代でした)。それ以降も、本気で勉強する気にならなかったので、ITは、いつまでたってもわからないことだらけ、猫灰だらけ。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です