0 / 140
CAPTCHA Image

【iOS 11】脱獄不要!ゲームエミュレータ「Tela GBA」をCydia ImpactorでiPhoneにインストールする方法。

iPhoneやiPad、またはiPod touchでゲームボーイなどのレトロなゲームで遊びたい場合には、ゲームボーイアドバンスエミュレータ「GBA4iOS」が定番のプラットフォームで、「iEmulators.comサイト」から、あるいはCydia Impactorツールを使ってダウンロード&インストールしてエミュレータを体験しています。

ここに「Tela GBA」と呼ばれる新しいエミュレータがあります。これは「GBA4iOS」をカスタマイズしたもので、GBAやGB、GBC ROMなどをサポートしているのが特徴です。

Tela GBA」エミュレータは、GBA4iOSの非公式なフォークとして、保存されたゲームやROMのDropbox同期だけでなく、カスタマーコントローラのスキンを配置する機能を備えた完全なBluetoothコントローラのサポートが付属しています。また、Apple MFiコントローラなどもサポートされているようです。

ゲームボーイアドバンスエミュレータ「GBA4iOS」の場合には、iEmulators.comサイトからのインストールやCydia Impactorツールを使ってのipaファイルのサイドロード方法を紹介しています。今回の「Tela GBA」エミュレータについては、ipaファイルを取得してCydia Impactorを使用、iPhoneにMacやWindows PCを介してサイドロードする方法です。

Cydia Impactorを使ったサイドロードには、Appleデベロッパーアカウントが必須となりますが、Appleの証明書の署名切れを自分でコントロールすることができます。その都度、自分のAppleデベロッパーアカウントでの署名が可能となります。

「Tela GBA」をiPhoneにサイドロード、インストール

インストールの前準備

MacやWindows PCを使ってiPhoneにアプリをサイドロードするには、インストール可能なアプリのIPAファイルを用意するなどの前準備が必要です。ここではCydia Impactorでのサイドロードを前提に手順を紹介します。

↓ Xcodeの場合はこちらを参照!

1.「Tela GBA」IPAファイルを手にいれる

「Tela GBA」IPAファイルを入手するには、お使いのMacまたはWindows PCにこちらからの[Sideload]タブページにある[Download App]ボタンをクリックしてダウンロードします。

2.「Cydia Impactor」をダウンロード&インストール

次に、Cydia Impactorがお使いのパソコンにインストールされていない場合には、こちらの手順を参考にしてダウンロード&インストールしてください。

3.iPhoneをコンピュータにUSB接続

サイドロード先であるiPhoneなどのiOSデバイスをお使いのパソコンにUSBケーブル接続します。

Cydia Impactorを使ってiPhoneにサイドロード

上記の前準備が完了したら、「GBA4iOS」をMacやWindows PCで「Cydia Impactor」を使ってiPhoneなどのiOSデバイスにサイドロード、インストールします。こちらの記事を参考に行うことができます。

ここで、下画像のImpactorエラー「./plist.hpp:92」が表示される場合があります。これは特別問題ないので無視して大丈夫です。詳しく知りたい方は以下をご覧ください。


Cydia Impactorでのサイドロードが正常に完了すると、以下のようにiPhoneのホーム画面に「Tera GBA」アイコンが表示されます。

ここでiPhoneのホーム画面の「Tera GBA」アイコンをタップして起動してみましょう。

ここで「信頼されていないデベロッパ」画面が表示されて許可が必要な場合には、iOSのシステムに「このアプリの開発元を信頼」する必要があります。

Tera GBAの開発元を「信頼」する方法

iPhoneにサイドロードされたアプリを起動した際に「信頼されていない開発元」メッセージが表示された場合の対処法です。この開発元とは、サイドロードの際に使用したApple Developerアカウントということになります。

  1. iPhoneの設定アプリを起動して[設定]→[一般]へと進み、[一般]画面をスクロールし、[デバイス管理]を探してタップします。
  2. 次に、「デバイス管理」画面では「デベロッパApp」セクションにあるサイドロード元(Apple Developerアカウント名が表示されます)をタップします。
  3. サイドロード元の「信頼」設定画面が表示されるので水色の「“(デベロッパー名)”を信頼」ボタンをタップします。
  4. すると、確認のポップアップ画面が表示されます。ここでもう一度「信頼」します。
  5. これで「GBA4iOS」アプリの“信頼”設定は完了です。このアプリを削除する場合には、画面の赤文字「Appを削除」でいつでも行うことができます。

以上で、「Tera GBA」のサイドロードによるインストールプロセスは完了です。ホーム画面に戻って実際に「Tera GBA」アプリを起動するとTera GBAのロゴに続いてゲーム登録画面が表示されます。もちろん、まだひとつもゲームを登録していないので登録されているゲームはありません。右上の歯車「設定」アイコンをタップすれば設定画面が表示されます。

GBA4iOSのフォークだけに、画面などの構成はGBA4iOSそのままです。操作性などもそのままなので、違和感なく各種レトロゲームを楽しむことができるでしょう。

なお、今回のサイドロード手順はiOSバージョン「iOS 11.1.2」搭載のiPhone 7デバイスで行なっています。また、取得したApple DeveloperアカウントによってAppleの証明書の期限があり、無料アカウントの場合には7日ごとに上記プロセスを再度実行する必要があります。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です