0 / 140

【iOS 11】iPhone内の未使用アプリを自動で削除して、ストレージの空き領域(スペース)を解放、確保する方法

iOS 11によって、iPhoneやiPadのユーザーにはさまざまな革新的な機能や改善がもたらされました。iOSデバイスにインストールされているアプリの中で、使用していないアプリを見つけ、そのアプリを削除してストレージスペースを解放してくれる機能もそのひとつです。

この「非使用のAppを取り除く」機能を有効にして、長い間使用されていないアプリを削除しても、アプリ内のドキュメントやデータは保持されます。後に、アプリを再インストールすれば、ドキュメントやデータは元どおりになります。

使用するiOSデバイスのストレージ容量が少ない場合には、この「非使用のAppを取り除く」機能はより有効で、ストレージスペースを解放し、デバイスの使用環境を向上させてくれます。

「非使用のAppを取り除く」機能を有効にする方法

「非使用のAppを取り除く」機能を有効にする方法は2通りあります。

その1

まずひとつ目は、設定アプリを立ち上げて、[設定]→[iTunes StoreとApps Store]画面へと進み、「非使用のAppを取り除く」セクションのトグルボタンをオンにします。

その2

もうひとつの方法は、設定アプリを立ち上げて[設定]→[一般]→[iPhoneストレージ]の画面を開きます。

iPhoneストレージ]画面を開いたら、「非使用のAppを取り除く」セクション右サイドの[使用]をタップします。すると、水色の[使用]の文字が緑色のチェックマークに変わって、この機能が有効化されます。

ちなみに、有効化した「非使用のAppを取り除く」機能は、ここでは無効化することができません。この機能を無効化したい場合には、上記「その1」の[設定]→[iTunes StoreとApps Store]→「非使用のAppを取り除く」で行うことができます。

もし、ストレージ容量がタイトで、少しでもメモリ容量を解放したい場合には、この長い間使っていないアプリを自動で削除してくれる方法を試してみてはいかがでしょう。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です