0 / 140

【iOS 12】iPhone Xの想定外の偶発的なスクリーンショットの誤動作を防止する機能を実装します。

Apple がWWDC 2018でお披露目したiOS 12では、iPhone Xでこれまで頻繁に起きていた偶発的な想定外のスクリーンショットの発生を防止するようになりました。

iPhone Xのスクリーンショットのメカニズムは、サイドボタンとボリュームアップボタンを同時に押すことで動作するのですが、デバイスが起動すると簡単に起動してしまい、不意にスクリーンショットが作動してしまうことがありました。多くのユーザーが経験しているのではないでしょうか。AppleはiOS 12でこの問題に対処したようです。

iPhoneをはじめとするiOSデバイスでスクリーンショットを動作させるには、2本の指を必要とするプロセスを必要とします。これは、謝ってスクショを撮ってしまわないように、偶発的な挙動を防ぐためにやや複雑な動作をユーザーに強いるものです。

ホームボタンが廃止されたiPhone Xでは、ホームボタン以外の物理ボタンの組み合わせが必要になります。デバイスの右サイド上にある「サイドボタン(電源ボタン)」と左サイド上部にある「音量ボタン(+ボタン)」の同時押しということになります。

このTouch IDモデルの場合(「電源ボタン」+「ホームボタン」)に比べるてどうでしょう。片手でも操作でき、はるかにアクセスしやすくなっています。デバイスを片手で握っただけで容易に誤動作が発生することに気づきます。

AppleはiOS 12でこれを防ぐように調整してくれたようです。Appleは、iPhoneが起動していない場合には、スクリーンショットが無効になる仕様を採用しました。これにより、iPhone Xを手で持った時に、あるいは掴んだ時に予期せぬスクリーンショットの誤動作問題が発生しないようにしました。

ただし、ディスプレイがオンになると、スクリーンショット機能はアクティブになります。iOSでは、「Rise to wake」機能により、「手前に傾けてスリープ解除」設定をオンにしている場合、iPhone Xのバッグへの出し入れや、デバイスをつかむ際に、どうしてもスクリーンショットの誤動作問題が発生する可能性があります。

それでも、今回のAppleの処置は小さな一歩として歓迎すべきものですね。少なくとも、「手前に傾けてスリープ解除」設定をオフにしていれば、スクショの誤動作をかなり軽減することができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です