0 / 140

【iOS 12】AirDropを使ってパスワード共有できる新しいパスワード管理システム、その使用方法は?

iOS 12では、AirDropを使って外部デバイスとパスワードを共有することができる新しいパスワード管理システムが搭載されています。この機能により、セキュリティ面で安全な複雑なパスワードも簡単に友人や家族などの外部デバイスとの共有が簡単に行えるようになりました。

パスワードはネットワークを安全に利用するための必須アイテムです。多くのユーザーは、AppleのiCloudキーチェーンやパスワード管理オプション、あるいは1Passwordなどのサードパーティ製のアプリのいずれかを日常的に使用していることでしょう。こうしたパスワード管理ツールを使うことで、複雑なパスワードを覚える必要もなく、必要なサービスに簡単に、そして安全にアクセスすることができます。

ただ、他の人、友人や家族とパスワードを共有する場合には大変です。Webサイト上のサービス、例えば情報サイトのアカウントを家族と共有するということがあるでしょう。パスワードを共有する理由はたくさんあります。その際に、パスワードが複雑だと共有することが難しいですね。こんな場合に、iOSのパスワード管理オプションを使用すれば、AirDrop経由で簡単に、そして安全にパスワードを共有することができます。

AirDropを使ってパスワード共有する方法

  1. まず、iOS 12が搭載されているiPhoneやiPadなどのiOSデバイスの設定アプリを立ち上げます。
  2. 次に、[設定]画面にあるメニュー[パスワードとアカウント]を探してタップします。
  3. 開いた[アカウントとパスワード]ページの上部にある[WebサイトとAppのパスワード]項目をタップします。
  4. すると、Touch IDまたはFace ID、あるいはパスワードを入力して認証画面が表示されるので、これを認証して進みます。
  5. 「パスワード」画面が表示されたら、共有したいサイトやサービスをタップし、そのパスワード情報ページを開きます。
  6. 共有したいサイトやサービスに登録された「ユーザ名」「パスワード」が表示されたページが開きます。
  7. ここで「パスワード」項目をタップします。すると、これまでは処理項目として「コピー」だけしか表示されませんでしたが、その隣に「AirDrop」項目が表示されるので、これをタップします。
  8. 画面下に共有できるデバイスが表示されます。該当するデバイスをタップしてAirDropで共有することが可能です。

※ただし、AirDropでのパスワード共有するには、共有するデバイス側がiOS 12またはmacOS Mojaveを搭載している必要があります。共有に再しては、両方のデバイスでTouch ID、またはFace ID、パスワードのいずれかで認証する必要があります。

この新しいパスワード管理システムは、Safariだけでなく、1Passwordなどのサードパーティ製のアプリでも機能します。

また、iOS 12の新機能には、Siriにパスワードの取得を依頼できる機能があり、「Siri、パスワードを教えて」という簡単なコマンドで、SiriはTouch ID、またはFace ID、パスワードのいずれかで身元を認証した後に、iCloud Keychainを開くことが可能となっています。

なお、iOS 12は現在のところ開発者のみ利用可能なベータ版として提供されています。今月下旬には一般ユーザでも利用可能なパブリックベータ版がリリースされ、初秋には正規版が公開される予定となっています。

Source & Photos:Mac Rumors

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です