0 / 140

iPhoneユーザーに突然「Apple IDがロックされています」メッセージで、パスワードのリセットが求められる不具合、あるいはハッキングが発生している模様です。

Appleの多くのユーザーがTwitterなどのSNSに、何の理由もないのに、突然「Apple IDがロックされています」メッセージが表示され、「ご利用のApple IDは、セキュリティ保護のためロックされています、と報告しています。ロックを解除するためには本人確認が必要です。」とパスワードのリセットが必要になる不具合が発生している模様です。

上記のように、Apple IDからのロックアウトが告げられ、パスワードを再設定する必要があるという事態に陥っているようです。このように、一部のユーザーがなぜアカウントからロックアウトされたのかについての明確な理由はわかっていません。なお、この症状は、日本だけでなく、世界的に発生している模様です。

影響を受けたユーザーは、セキュリティの質問に回答し、認証コードを受け取る信頼できる番号を入力、アカウントにアクセスできるようになったということです。また、Apple IDアカウントのパスワードをリセットして新しいものを設定する必要に迫られたということです。

Apple IDがロックされている場合、Apple IDに関連する設定の一部を更新する必要があるという通知がiPhone、iPad、またはMacなどのデバイスに通知されます。アカウントが実際に凍結されているという報告も多く見られます。もちろん、Apple IDアカウントを更新するまで、iMessage、FaceTime、およびその他のAppleサービスにアクセスすることはできません。
Appleは今のところ、この問題に関しての公式の声明を発表していません。また、この問題に遭遇しているユーザーがどの程度の人数になるかもわかっていません。

悪意のあるグループがApple IDをハッキングしようとしているために、パスワードリセットが一気に起こるという可能性も考えられます。あるいは、Apple側の単なるバグかもしれません。ただ、現段階でできることはわずかで、まずはAppleアカウントの2段階認証を有効にしておくとよいでしょう。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です