0 / 140
CAPTCHA Image

iOS 10 Beta 3をダウンロード&インストールする方法

Appleは本日19日、iOS 10ベータ版第3弾となる「iOS 10 Beta 3」をデベロッパー向けにリリースし、iPhone、iPadとiPod touchの各種デバイスで利用できるようになっています。6月14日に世界開発者会議「WWDC2016」で発表され、当日デベロッパー向けに公開された「iOS 10 Beta 1」にはじまり、7月6日にはその第2弾となる「iOS 10 Beta 2」が開発者向けにリリース、そして今回のiOS 10ベータ第3弾となる「iOS 10 Beta 3」と順調に開発が行われていることが伺われます。

iOS10beta3

Appleのデベロッパープログラムには、現在1,300万を超える開発者登録がされ、その多くの開発者が今回のiOS 10ベータ版第3弾となる「iOS 10 Beta 3」をインストールして試すことが出来ます。

iOS 10 Beta 3」での変更点は、前回同様に多くが各機能の改善や修正に向けられているようです。Beta 2で前に旧キーボードに戻っていたキーボードのタップ音が復活や、3D Touch非対応の旧機種でもメッセージ通知を「タップ」または「スワイプ」することで、メッセージ内容をオーバーレイで表示し、素早く返信すできる機能を使うことが出来るようになっていたり、ロック解除方法に「Rest finger to Open」オプションが追加され、iOS 10 beta 3で従来のロック解除方法が選択可能になっています。などなどあるのですが、総じて細かな手直しが行われているという感じです。

すでにデベロッパーやテスターの方の多くが、「iOS 10 Beta 1」や「iOS 10 Beta 2」をiOSデバイスにインストールして、新しいiOSを体験し、楽しんでいることと思います。ただ、安定性の問題なども多く報告されているので、そうした不具合やバグの修正も行われているので、引き続きiOS 10ベータ版を楽しむのであれば、最新の「iOS 10 Beta 3」にアップデートすることをお勧めします。

また、新たに「iOS 10 Beta 3」をインストールする際には、iOS 10では対応デバイスも今までと変更になりiPhoneの場合にはiPhone 4s、iPad 2、iPad 3、iPad miniなどが対象外になっています。試す場合には対応デバイスを確認して行いましょう。

そして、すでにiOS 10ベータ版をiPhoneやiPad、iPod touchにインストールしている場合には、iOSデバイスの[設定]アプリを開いて[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]でiOS 10 Beta 3のアップデート情報を得ることが出来ます。

iOS10beta3-01

今回のiOS 10 Beta 3で初めてiOS 10を試す場合には、Apple Developerサイトよりログインしてインストールすることが出来ます。インストールする方法としては、iTunes経由またはiOSデバイスに直接OTAインストールする方法があります。その際の手順については下記の記事を参照ください。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です