0 / 140

【Firefox】秘密にしたい特定のサイトを常に“プライベートモード”で閲覧できる機能拡張「Auto Private」

Firefoxのプライベートモードは、閲覧履歴やクッキーの痕跡を残さずにWebサイトをブラウジングできる方法です。ただ、プライベートモードにするためにはいちいちプライベートウィンドウを開かなければなりません。ちょっと手間ですね。通常モードでサイト閲覧しながら、ある特定のWebページを閲覧するときだけプライベートブラウジング機能を持った“タブ”で見ることができたらうれしくありませんか?この方法を使えば、わざわざプライベートウィンドウを開く必要はありません。通常のモードでプライベートを保つことができます。

Firefox_Private

そう、特定のWebサイトを見るためにプライベートウィンドウを毎回開く必要はありません。Firefoxには通常のモードのまま“プライベートタブ”として閲覧履歴やクッキーの痕跡を残さずに表示・閲覧できる機能拡張が用意されています。

特定のサイトを直接“プライベートタブ”で開く方法

Firefoxの拡張機能の中に、通常モードで特定のサイトだけ“プライベートタブ”で開くように設定できるものがあります。これを使えば、通常モードでも履歴やクッキーに痕跡を残すことなく、特定のサイトを閲覧することができます。

Auto Private

その名もずばり「Auto Private」なるFirefoxのアドオンがあります。このアドオンにはインターフェースがないので直接設定することができません。登録に多少難しさはあるのですが、慣れてしまえばどうってことはありません。作業を完了するには以下の手順をご覧ください。

  1. まずは、Mozillaのアドオンページから「Auto Private」をFirefoxに追加・インストールします。
    FirefoxAddon_AutoPrivate-01
  2. このアドオンにはインターフェースがありません。Firefoxの新しいタブを開いて「about:config」ページを開きます。「動作保証対象外になります!」と警告されますが、「危険性を承知の上で使用する」をクリックして先に進むと、以下のようなabout:configページが開きます。
    FirefoxAddon_AutoPrivate-02
  3. about:configページの検索窓に「extensions.autoprivate」と入力すると「domains」と「parts」の2つのブラックリストが表示されています。FirefoxAddon_AutoPrivate-03

ドメインをブラックリストに登録する方法

ドメインをブラックリストに登録するには、「extensions.autoprivate.domains」項目にカーソルを合わせて右クリックで表示されたメニュー「値を変更」を選択するか、項目を単純にダブルクリックします。

FirefoxAddon_AutoPrivate-04

「文字列を入力してください」のポップアップ画面のテキスト入力欄に“プライベートタブ”で開きたいドメインを入力します。

FirefoxAddon_AutoPrivate-05

OK」ボタンをクリックして入力を完了すると、「domains」の値欄に入力したドメインが表示されます。

FirefoxAddon_AutoPrivate-06

複数登録する場合には、それぞれのドメインを空白なしで「;(セミコロン)」で区切ります。
▶︎入力例:translate.google.com; addons.mozilla.org; www.facebook.com
タブで開いた際の結果例
https://translate.google.com/ → プライベートタブ
https://www.google.com/ → 通常のタブ
https://translate.google.com.br/ → 通常のタブ
https://addons.mozilla.org/pt-BR/firefox/extensions/ → プライベートタブ
https://www.facebook.com/messages/ → プライベートタブ

パターンをブラックリストに登録する方法

ドメインのパターンをブラックリストに登録するには、「extensions.autoprivate.parts」項目にカーソルを合わせて右クリックで表示されたメニュー「値を変更」を選択するか、項目を単純にダブルクリックします。

FirefoxAddon_AutoPrivate-07

「文字列を入力してください」のポップアップ画面のテキスト入力欄に“プライベートタブ”で開きたいドメインを入力します。

FirefoxAddon_AutoPrivate-08

OK」ボタンをクリックして入力を完了すると、「domains」の値欄に入力したドメインが表示されます。

FirefoxAddon_AutoPrivate-09

複数登録する場合には、それぞれのドメインを空白なしで「;(セミコロン)」で区切ります。また、パターン登録では、空の文字列を含む任意の文字列に一致する「ワイルドカード」アスタリスク(*)を付けることができます。
▶︎入力例:* reddit.com / over18 *; http://www.example.com/specificpage.htm
タブで開いた際の結果例
http://www.reddit.com/over18?dest = http%3A%2F%2Fwww.reddit.com%2Fr%2F … → プライベートタブ
http://www.example.com/specificpage.htm → プライベートタブ
http://www.example.com/specificpage.htm?foo=bar → 通常のタブ
http://www.example.com/anotherpage.htm → 通常のタブ
http://www.example.com/ → 通常のタブ
便利設定

  1. サイトのすべてのサブドメインを追加するには、ドメインの前に「.」ドットを追加します。
    例:ドメインのリストに.google.comを追加すると、次のURLはすべてプライベートタブで開きます。
    http://www.google.com
    http://maps.google.com
    http://google.com
    http://translate.google.com
  2. すべてのトップレベルドメインを追加するには、sufix “.tld”を使用します。
    例:www.google.tldをドメインのリストに追加すると、次のURLがすべてプライベートタブで開きます。
    http://www.google.com.br
    http://www.google.com
    http://www.google.org
    http://www.google.net
  3. 類似した複数のURLをブロックするには、”|”で表されるOR演算子を使用します。大括弧でグループ化します。これはパターンのリストでのみ有効です。
    例:https://twitter.com/(BarackObama|billclinton|GeorgeHWBush)*をパターンのリストに追加すると、次のURLがすべてプライベートタブで開きます。
    https://twitter.com/BarackObama
    https://twitter.com/billclinton
    https://twitter.com/GeorgeHWBush

設定がちょっと面倒かと思いますが、「プライベートで閲覧するサイトがある」人にとってはオススメですね。なお、プライベートタブを使用すると、リンクがブラックリストに登録されていない場合でも、リンクをクリックして作成された新しいタブがプライベート状態を継承します。ちなみに、このシークレットモードを通常モードで表示できる拡張機能は、今のところ「Auto Private」だけかと思われるので、必要な方はお試しください。

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です