0 / 140

【iOS11.2】iOS11.2アップデートで「強制再起動ができない!?」の声。「スライドで電源オフ」画面が表示される原因と解決方法は?

今月12月3日にリリースされたiOS最新バージョン「iOS 11.2」では、高速ワイヤレス充電への対応をはじめとした新機能、電卓バグ「アニメーション遅延表示問題」やiOSキーボードの入力バグなどさまざまな修正がなされています。

また、最新のiPhone Xでは「サイドボタン」に割り当てられた機能が増え、その中に強制再起動の操作(サイドボタンの長押し)も含まれます。

ただ、この操作を行うと、[スライドで電源オフ]の画面が表示されてしまいます。その結果、「強制再起動ができない!」という声が一部のユーザーから上がっているようです。ひょっとしたら、iOSバージョン「iOS 11.2」から仕様変更された、この[スライドで電源オフ]を間に挟み込んだ操作遷移に戸惑っているユーザーも多いかと思われます。

以前は[ホームボタン]+[電源・スリープ/スリープ解除ボタン]の同時長押しでしたが、[ホームボタン]のなくなったiPhone XやiPhone 8の場合のユーザーの強制再起動の操作手順は①[ボリューム「+」]ボタン→②[ボリューム「ー」]ボタン→③[サイドボタン]で間違いはありません。

なのに、iOS11.2アップデートを行ったiOSデバイスでは、これを実際に行うと[strong>スライドで電源オフ]の画面が表示されてしまい、強制再起動(ハードリセット)をすることができません。iOS11.1以前までは、この操作を行うと画面が暗転しAppleロゴが表示され強制再起動(ハードリセット)モードになっていたはずなのに…、ということになります。

iOS11.2での強制再起動(ハードリセット)の方法は?

問題は、処理の途中で[strong>スライドで電源オフ]の画面が表示されてしまうことにあります。ここであきらめずに、③の[サイドボタン]をAppleロゴが表示されるまで押し続けることで、これまで通りに強制再起動(ハードリセット)を行うことができます。

  1. [ボリューム「+」]ボタン
    ボリュームアップボタンをすばやく押して離します。
  2. [ボリューム「ー」]ボタン
    音量ダウンボタンをすばやく押して離します。

  3. [サイドボタン]を押し続ける
    ([strong>スライドで電源オフ]の画面が表示されても)Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。


そう、[サイドボタン]の長押しの際に、[strong>スライドで電源オフ]の画面が表示されても、Appleロゴが表示されるまでひたすら押しつづけることで、今までのように強制再起動(ハードリセット)を行うことができます。

挙動がおかしい、フリーズしたなどiPhoneの不調の際には、この強制再起動(ハードリセット)に頼るケースも多々発生します。本来であれば、この強制再起動(ハードリセット)はデバイスがフリーズしたなで、画面操作が一切受け付けられない状態での緊急の操作です。あまり多用するのは如何なものかと思いますが、結構頼りがちですよね。

頻繁に使用すると、不慮の事故に見舞われることもあるかもしれません。通常操作を受け付けるのであれば、[strong>スライドで電源オフ]表示画面で一旦電源をオフにして、電源がオフになったことを確認したのちに[サイドボタン]を長押しして再起動するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です