0 / 140

【iOS 11】カメラで表示される2つの十字マークってなに?iPhoneの純正カメラアプリについた新しい機能

iPhone写真を撮ろうとした際に、画面真ん中に十字のマークが2つでてきたことがありませんか?実はそれ、iOS 11から新しく追加された機能で、水平器の役割を持っているんです。テーブルに置いた写真や書類を撮るときなどに便利な機能です。

【iOS 11】カメラで表示される2つの十字マークってなに?iPhoneの純正カメラアプリについた新しい機能

水平に写真を撮るための機能

水平器の役割を担う2つの十字ポインタは、iPhoneを水平に保つように表示される水平器の役割を持っています。そのため、iPhoneを下に向けて写真を撮ろうとしたときにしか表示されません。

もし十字も線も表示されていないという人は、【設定】→【カメラ】→【グリッド】をONになっているかを確認してください。

写真を撮る際は、白い十字と黄色い十字が綺麗に重なるようにして撮りましょう。2つの十字がずれているときは床と水平ではない状態です。

【水平でない状態】
【水平の状態】

ちょっとした機能ですが、感覚だけではなかなか綺麗な水平はとれないので、例えばテーブルに置いた写真や書類などの平たい物を撮るときには重宝されるかと思います。

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です