0 / 140

【iOS 11】脱獄不要!iPhoneのブートプロセス(起動)時に表示されるAppleロゴを自分流にカスタマイズして設定する方法

iOS 11を搭載しているiPhoneでは、以前は完全に脱獄しないとできなかったさまざまな機能が、これまで以上に簡単にカスタマイズできるようになっています。ファイルマネージャー「FilzaJailed」を使ってのカスタマイズをいくつか紹介しましたが、今回はiPhoneを起動するブートプロセスの際に表示されるAppleロゴを変更、別の画像を設定する方法です。

もちろん、このインストールプロセスを実行するのに“脱獄”する必要はありません。また、MacやWindows PC、インストールツールも必要ありません。そして、このインストールプロセスは、iOSの互換バージョンあればかなり簡単で、時間もかかりません。

この機能を使用できるiOSデバイスのiOS互換バージョンは11.0〜11.1.2のバージョンのみで有効であることが確認されています。

iPhoneのブートプロセス(起動)時に表示されるAppleロゴをカスタマイズ設定する方法

まず、これを脱獄していないiOSデバイス上で行うには、ストアアプリ「TweakBox」をiPhoneにインストールする必要があります。以下のリンクサイトを参照してダウンロード&インストールすることが可能です。

  1. TweakBox」をインストールしたらアプリを起動し、画面上のメインメニューにある[APPS]タブをタップし、表示画面の中から[TweakBox Apps]をタップします。
  2. TweakBox Apps]の画面を開いたら、アルファベット順に並んでいるリストから[Torngat]アプリを探します。
  3. 見つけた[Torngat]アプリをタップしてインストールプロセスを開始します。
  4. Torngat]アプリが正常にインストールされたら、アプリを「信頼」します。設定アプリを起動して[一般]→[プロファイル]のページを開いて、[Torngat]アプリに関連付けられたプロファイルを信頼してください。
  5. Torngat]アプリの「信頼」処理が完了したら、アプリを立ち上げて、画面下に表示される[Boot Logo]オプションを選択し、URLを要求するポップアップアラートが表示されるのを待ちます。
  6. ここでは、あらかじめiPhoneに設定したいロゴファイル(PNGファイル)を保存し、その保存先URLを取得しておく必要があります。あるいは、Web上にiPhoneに設定したいイメージをWeb上に見つけておく必要があります。そのURLをアラートのテキストフィールドに入力します。
  7. 入力されたURLが的確であれば、アプリはインストールが成功したことを告げるとともにiPhoneを再起動する必要があることを知らせてくれるはずです。
  8. ここでデバイスを再起動すると、iOSデバイスに通常のAppleのネイティブロゴが数秒間表示され、その後にカスタム設定したロゴがブートプロセスの一部として表示されます。

これでおしまい。作業は完了です。オリジナルのブートプロセス時に表示されるカスタマイズ設定した自分流のブートロゴを楽しんでください。

ちなみに、Appleのオリジナルロゴを使用した通常の設定に戻したい場合には、[Torngat]アプリで画像ファイルのURLを入力する代わりに[Use Default]オプションを選択します。そして、元のAppleロゴを復元するためにiPhoneデバイスを再起動します。

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

  • torngat使えないやんけ!!!
     2018年07月22日 17:29

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。