0 / 140
CAPTCHA Image

【台南・台北旅行】「杭州小籠湯包 民生東路店」は綺麗で美味しくて穴場!

台湾の美味しいもの!というとすぐに思い浮かぶのは、そう「小籠包」。
ぽよぽよした皮からあっつあつの肉汁が出てきて……うーん、ヨダレが、あ、失礼。
小籠包というと、やっぱり鼎泰豐が有名です(日本にもありますしね)が、これが並ぶ並ぶ……
今回訪れた「杭州小籠湯包 ◯◯店」も味では負けてませんよ!
しかもお店も綺麗で、値段もまぁまぁ。時間を選べば待たずに入れる!
かなり穴場かもしれない〜!

小籠包二つ

綺麗で上品な店でゆったり食事

台南→台北の旅も最終日。
今までの旅程はこんな感じです。

 1日目 羽田 → 台北桃園空港 → 高鐵で台南へ → 臺鐵(台鉄)沙崙線で台南市内へ →    カインドネスホテルチーカンタワー → 度小月本店 → 林百貨 → 西市場 →
   藍晒圖文創園區 → 新光三越新天地
 2日目 古民家カフェ「十八卯茶屋」→ 高鐵で台北へ → パーク台北ホテル →
   忠孝復興駅SOGOのフードコート → 士林夜市
 3日目 サニーヒルズでパイナップルケーキを買う → 杭州小籠湯包(←今ココ)

さて、台湾旅行3日目にして、やっと小籠包を食べることにするんだけど……
なにせホテルの朝食も美味しかったし、サニーヒルズ(パイナップルケーキの有名店)でパイナップルケーキの試食もしちゃったしで、それほどお腹は空いてないのよね。
でも、サニーヒルズから行きやすくて、おいしい小籠包の店といったらやっぱりはずせないでしょ?

というわけで、サニーヒルズの前からタクシーで「杭州小籠湯包 民生東路店」へ向かいました。

マンションの1階にあるこのお店、入り口にがちょっと道からひっこんだところにあります。
(建物のつくりがそうなっているんです)
これが入り口。
外観は中華な感じのお店。赤が効いてます。雰囲気は上品。

杭州 外観

まだ11時すぎなせいか、開店直後で空いています。
すぐ席に通されました。
中はこんな感じ。モダンでオシャレですね
外観は中華な感じでしたけど、内装は中華風じゃないんですね〜。

杭州 店内

メニューは日本語も書かれているので、とっても便利。
注文は台湾の他のお店と同じく注文用紙に数を入れるだけなので、簡単です。

メニュー1

小籠包だけでもたくさんの種類がありますね~。
小籠包以外のエビチリやら麻婆豆腐やら炒め物なんかも結構な種類があります。

メニュー2

チャーハンもこのとおり、よりどりみどり

メニュー3

味もかなりのもの、これは穴場!

今回はそれほどお腹がすいているわけではないので、ちょろっとたのもう、ということになりました。
まずはふつうの「小籠包」(8個150元=550円弱)。

小籠包普通

8個入りを頼みましたが、4個入りもあるので、2人ぐらいでも何種類か頼むこともできますね。
こういうのって細かいことなんですが結構ポイント高いんですよね。
だって、そう頻繁に来られるわけじゃなし、いろいろ食べてみたい。
それに、あれこれ少しずつ頼めれば、あまり好みのものじゃないのを頼んでしまうリスクも分散されますし。

あ、しまった、ちゃんとレンゲの上で箸でつついておかなかったら、肉汁がじゅわっと出て洋服に飛んでしまった!
いけませんね、ちゃんとお作法は守らないとね。
生姜もちゃんと入れて……
ううう、美味しい!

小籠包レンゲの上

もう1種類。これは「カニ味噌と豚肉の小籠包」(8個230元=830円ぐらい)。
聞いただけで高級そうでしょ?
ちょっと磯の香りで、もちろん味も◎!

小籠包かに

そして「桜エビと卵のチャーハン 塩味」(220元=800円弱)。
おおお~う、これはかなり!
上のエビもサクサクだし、いけますよぉ!

エビチャーハン

あとコレ。
中華といえば、オーソドックス(?)なこれですよ。
そう、「麻婆豆腐」!(220元=800円弱)
辛い。でも、旨みはありますねぇ。美味しいです(こればっか。食レポはだめかも)。

麻婆豆腐

ふは~、うまかった(もはやオッさん)。
え、ちょろっとという量ではないって?
まぁまぁ。

ここはとっても綺麗なお店だし、今度は夕飯で、お腹すかせてまた来たいな、と思いました。
値段もかの鼎泰豊よりちょっとリーズナブルですしね!

それに、トイレもとっても綺麗だし。(すっごく重要)

タクシーに乗るときは、目的地名と所在地を書いたメモを

行き方は、こちら。
MRT「中山國中」駅徒歩6~7分。
大きな通り(民生東路)を挟んだ向かい側にはシャーウッドホテルがあります。
そっちの方を目指して行けば間違いなしかと。

私たちはサニーヒルズからタクシーで行ってしまったのですが、その時にちょっとした失敗をしました。
タクシーに乗り込んだ際に、いつものごとく、メモした紙を運転手さんに見せます。
台湾のタクシーは、日本語も英語も通じないと思っていた方がいいです)

黙ってうなずいた運転手さんを見て安心した私たちですが、しばらくして「???」、シャーウッドホテルの豪華な建物を目の前に通り過ぎてハッとした私は、信号待ちの時に、運転手さんにもう一枚のメモを見せました。

運転手さんは「あ、そうか」という顔をした後、次の信号でUターン。すぐに目的地に着きました。
しかも、「Sorry」と言って、タクシー代を安くしてくれました。

なぜこんなことになったのか……これは私のミスです。

運転手さんに渡した1枚目のメモには店名しか書かれていなかったので、運転手さんは有名な本店の方にむかったのです。
私たちが目指していたのは2号店(民生東路店)
でも、本店の方がずっと有名なので、そちらだと思ってしまったのでしょう。
私が渡した2枚目のメモには2号店の所在地も書かれていたので、すぐに引き返してきてくれたというわけです。

いく前に、「歩いていくこともあるかも」と道をチェックしていたのと、目印にと「シャーウッドホテルの対岸」と覚えていたのが功を奏してすぐに気がつくことができましたが、そうでなければ本店で食べることになってたと思います。(それもいいかもだけど)

面倒かけてゴメンね、運転手さん。

杭州小籠湯包 民生東路店
台北市民生東路三段118号
(02)6613-0666

こちらもチェック!

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
こんにちは〜、snowflowerです。 基本的に動くのも面倒臭いのも嫌いなのに、旅行は好き。 超寒がりなのに「オーロラをこの目で見る」ことと、山登りどころかハイキングもイヤなのに「キラウエア火山の火口を見に行く」というのが夢。 IT記事がいっぱいのこのサイトに、なんとなく場違い?感をただよわせつつ、ぼちぼち書かせていただきます。 どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です