0 / 140

iPhone 8のコンセプトは、噂のベゼルレス、消えた物理ボタンの空き領域にTouch Bar機能をデザイン【Video】

今年秋には登場することが期待されるiPhone 8、KGIのアナリストMing-Chi Kuo(郭明錤)氏のレポートによれば、ベゼルレスのディスプレイ、ホームボタンが物理ボタンでなく画面内になり、ワイヤレス充電機能が追加されるなどと言われています。B¥ホームボタンが物理ボタンでなくなったことによって広がった画面領域をどのようにデザインするのか、多くのデザイナーのコンセプトデザインが語るように、議論の的になっています。

iPhone8Concept

Appleは、新しいiPhone 8ではホームボタンのない構造を考えていると伝えられています。これにより、今まであったホームボタン、およびそこに埋め込まれているTouch IDセンサー機能は、デバイスのディスプレイ内のセンサーで処理されることになります。これまでのホームボタンのための物理領域が空き、広がったディスプレイ領域にどのような機能を持たせるのか。

今回のiPhone 8コンセプトデザインでは、一つの提案として、昨年Appleが発表したMacBook Pro(2016)のTouch Barの仕様と同様のスタイルを提案しています。MacBook Pro(2016)のTouch Bar機能をiPhoneに埋め込むことによって、明らかにiPhoneの機能、使い勝手は向上するものと思われます。その上、豪華でさまざまなコミュニケーションもワンタッチで可能となります。

iPhone8Concept-01
iPhone8Concept-02
iPhone8Concept-03

コンセプトビデオでは、物理ボタンがなくなった領域に埋め込まれたTouch Bar機能は、通常ではホーム画面から利用できなかった情報やボタンを設置できます。この動画はあくまで新しいiPhone 8のコンセプトですので、Appleが今現在考えている方向と一致しているかは定かではありません。iPhone 8の本当のカタチ、その答えは6月のWWDC17で発表されるまではお預けとなりますが、Appleファン、iPhoneファンにとっては待ち遠しい日々が続きます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です