0 / 140

【iOS 11バグ】「1+2+3=24?」iPhoneの電卓アプリの正しい計算結果がえられない「アニメーション遅延表示問題」を解決する方法は?

iOS 11の電卓アプリで起こる正しい計算結果が得られない「アニメーション遅延表示」バグは、ベータ版の頃から一部で指摘されていました。ここにきてredditThe Loopサイトで問題視されていることなどから、このバグが大きく注目されています。そして、Appleも対応に動き出した…。

iOS11-Calculator_app

この問題が発生する原因は、高速で計算式を連続して入力した際に電卓アプリのアニメーションが早すぎる入力に対応できないことに起因します。ここでは「1+2+3」と入力して「=」をすばやく入力した結果として「24」となる例を示しています。これは2つ以上の数値の加算計算式を入力した際にアニメーション表示に遅れが生じるために、「2+3」の「+」が無視されてしまうことで、結果が「6」ではなく「24」になる可能性が高くなるというものです。

iOS11-Calculator_app-01

上記のはほんの一例で、同様のことがすばやく計算式を入力することで、押したキーを強調表示するライトアップのアニメーション表示が間に合わず、電卓アプリはそれを無視してしまいます。つまり、正しい計算結果を得るには、このアニメーションが表示されるのに十分の時間を取るようにゆっくり数値および計算符号を入力する必要があるということです。アメリカ最大級のソーシャルニュースサイトの掲示板Redditユーザーがこの問題について説明しています。

Any iOS developers will see what is wrong here: the bug is that the animation that lights up the button is blocking touch events until the animation completes. This is the default behavior for animations, but to make an app feel responsive it’s best to find a way around that (it can be a one line fix, but sometimes it is complicated).

このバグは、アニメーションが完了するまでボタンを点灯させるアニメーションがタッチイベントをブロックしていることによります。これはアニメーションのデフォルトの動作ですが、アプリが反応しやすいようにするには、これを回避する方法を見つけるのが最前です(1行の修正が可能ですが、複雑な場合があります)。

Redditで取り上げられているこの問題は、iOS 11のベータ版リリース以来継続しており、電卓アプリのアニメーションの遅延問題はたびかさなるアップデートでも修正されず、最新のiOS 11.1(ベータ)でもいまだに解決していません。

iOS 11ではアニメーションの遅れが目立つために注目されていますが、この問題はiOS 10などの古いバージョンのiOSでも同様に発生しており、計算を迅速に行うことができないのは以前からの継続する問題と言えます。

ただ、ここに来てThe Loopでは、この問題解決のための朗報としてAppleChris Espinoza氏のTwitterのツィートを紹介しています。

Chris Espinoza氏によると、70人以上の人たちがこの問題をAppleに警告していると述べています。この問題はここにきて注目を集めていることから、次回のiOS 11アップデートで電卓アプリの「アニメーション遅延表示問題」の修正が行われる可能性があると考えられているようです。


▶︎Source:Mac Rumors

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です