Apple、iOS 10 Public Beta 2をテスター向けにリリース

Appleは本日21日、パブリック テスター向けにiOS 10の第2弾となる「iOS 10 Public Beta 2」をリリースしました。今回のテスター向けベータ版は、7月8日に公開された「iOS 10 Public Beta 1」から2週間を経てのリリースとなり、すでに7月19日にを開発者向けに公開された「iOS 10 Beta 3」と同様の変更内容となっています。

iOS10PublicBeta2

すでに7月8日に公開された「iOS 10 Public Beta 1」をインストールしているテスターであれば、iOSデバイスのホーム画面から[設定]アプリを起動し、[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]に移行することでOTA(Over The Air)によるアップデートが可能となっているはずです。Wi-Fi環境の良い場所でアップデートしましょう。

iOS10PublicBeta2-01

また、iOSのベータテスターへの登録ユーザーであれば、Apple Beta Software Programにサインアップすることで、最新のパブリックベータ版をダウンロードすることが出来ます。

ただし、正式版ではなく、バグなどの不具合も多く含まれている可能性があります。普段使用しているiPhoneなどに直接インストールすることは危険です。予備の余っているiPhoneなどで試すことをお勧めします。誤ってプロファイルをダウンロード&インストールしてしまった場合には、以下の方法で削除することが出来ます。

なお、iOS 10から対応デバイスも変更されています。iPhoneの場合にはiPhone 4s、iPad 2、iPad 3、iPad miniなどが対象外になっているので、iOS 10 Public Beta版をインストールする際には対応デバイスについてもチェックしておきましょう。

今回の「iOS 10 Public Beta 2」は、開発者向けに先日リリースされた「iOS 10 Beta 3」と同様のアップデート内容と思われます。開発者向け「iOS 10 Beta 3」では、「3D Touch」の仕様変更、キーボードのサウンド変更、や従来のロック解除方法が選択可能になっているなどの変更点が確認されています。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です