0 / 140
CAPTCHA Image

AppleはiOS 10.2の署名(SHSH)発行を間もなく停止する模様。ダウングレードおよび再インストールできるラストチャンス!

Appleは間もなくiOS 10.2の署名(SHSH)発行を停止するようです。iOS 10.2“脱獄者”への対処と先週24日にリリースされたiOS 10.2.1による処置だと考えられます。このため、“脱獄者”およびOS 10.2.1で不具合を感じているユーザーはiOS 10.2へのダウングレードのラストチャンスとなります。

iPhone_SHSH

Appleは通常、最新のiOSバージョンをリリースしたのち、ほぼ2週間後に前のバージョンの署名(SHSH)発行を停止しています。今回、その処置が早まった原因としては、ここ1週間でiOS 10.2での“脱獄”が可能になったことが挙げられます。

Luca Todesco氏は先週「yalu102」ベータ版をリリースし、iPhone 7とiPhone 7 Plusを除くすべての64ビットデバイスでiOS 10.2を脱獄させました。AppleがiOS 10.2に署名しなくなれば、OTAはもとよりiTunesを使用してのアップグレードまたはダウングレードができなくなります。

幸いなことに、今(1月31日12:00現在)ならまだ間に合います。AppleはまだiOS 10.2ファームウェアへの署名を行なっており、アップグレードまたはダウングレードを行うことができます。


ただ、上記リンクサイトからのファームウェアのダウンロードも、Appleの署名が停止されればファイルを保存できなくなってしまいます。こうなれば、iTunesを使用してファームウェアをダウンロードすることができないことを意味するだけでなく、もはや脱獄ツールのSHSH2 blobsを保存することもできません。


【追記】残念ながら、すでにiOS 10.2へのダウングレードおよび復元、再インストールは不可能になりました。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です