0 / 140
CAPTCHA Image

【台北・台南旅行】 台湾の新幹線(高鐡・THSR)に乗ろう!チケットの買い方付き!

わ〜い!
台湾で新幹線に乗って、旅行しちゃうぞ〜。
ちょっと張り切っちゃいます。
私、周遊型の旅行は初めてなんです。
だって、短い旅行期間で、ホテル変えたり、荷物持って移動したり……超面倒じゃないですか。
でも、今回はやるぞ。
前回の台湾旅行であきらめた台南行きをリベンジしようということで、挑戦してしまいます。

新幹線最初

高鐵桃園駅で新幹線のチケットを買うの巻

今回の旅は、台湾内を旅行してしまおう、という周遊型の旅。
羽田 → 台北桃園空港 → 高鐵台南駅へ新幹線でGO (← 今ココ)

新幹線(高鉄・高鐵・HSR)の駅は、桃園空港からシャトルバスで15分ぐらい。
でも、じつはMRT(地下鉄)でも行けます。
運賃は、シャトルバス30元、MRT35元であまり変わりません。
でも、シャトルバスの乗り場は空港ターミナルのB1階ですぐだし、かえって便利かもと思います。
私たちが乗った時はMRTが開通したばっかりだったせいか、バスはガラガラでした。

さて、バスにのって、新幹線(高鐵、面倒なので、ここから高鐵で書きます)の桃園駅に到着。
まずは切符を買わないと。

チケットの買い方実況中継

チケット売り場で機械と対面。
う〜む。

まずこんな画面。ここを押せという絵があるので押します。

チケット1

こんなのが出てきます。

チケット2

  自由座 (自由席)
  對號座 (指定席)

自由席はその日のうちなら、どの列車に乗ってもいいチケットだそうです。
もちろん、自由席の車両にしか乗れませんが。

平日ではありますが、混んでいたらイヤなので、指定席を買うことにします。

で、次はこんな画面。

チケット3

單程(片道)」か「去回(往復)」かですね。
今回は片道で買います。
翌日、何時ごろに帰るか決めてないからね。

次はこれ。

チケット4

起程站」というのは、なんとなく字でもわかりますが、自分が乗る駅のこと。
この画面は帰り、つまり台南から台北に戻る時に撮ったので、台南を押します。

そして、「到達站」。行き先です。

チケット5

台南から乗って台北に行く時に撮った写真なので、台北をタッチ。

次は枚数。
成人」は大人のこと(わかりますよね〜)。
下の数字はちょうど写真の文字が見えなくなっちゃってるんだけど、「孩童」とあって、子どものこと。

チケット6

私たちは成人3人なので、上の段の3をポチッと。

次は列車の時間を選びます。

チケット7

一番先に来るのにのろうということで、一番上の列車を選びます。
標準車廂」は普通の(?)指定席車両。「商務車廂」はグリーン車だそうで。
ここが押せるということは売り切れてないんだろうから、普通の車両でOKなので、ポチッ。

そうすると、3枚合計の金額が出てきます。

チケット8

確認」を押すと、支払い方法の画面が出てきます。

しかし! 写真を撮り損ねた! ……写真係りを責めたい。
ま、気をとり直して。
この画面には、

  現金
  信用卡(クレジットカード)
  金融卡(デビットカード)

というのが出てきて、まぁ私はクレジットカードで支払いしたので「信用卡」ですね。

で、今度は、「この写真の位置にカード入れてね的な画面」が出てくるので、その指示に従います。
このへんは従順に。
この左上の青く光ってるところにカード入れます。

チケット9

あとは上にあるナンバーボタンでカードの暗証番号を押したら、
こんなふうに、「今印刷中だから、ちょっと待っててね」的な画面が出てきて、

チケット10

無事チケットが出てきます。(ホッ)

チケット11

じつは、最初に「English」表示を選べばラクだったのかも、と後で思ったんですが、駅名だけは漢字の方がわかりやすいので、どっちもどっちかも。
だって、行きに乗った駅「桃園」は英語で「Taoyuan」ですよ? 合ってるって確信が持てないじゃないですか。

ま、ともかく買えたんだから、あとは乗ってしまえばいいのさ。

チケットを買う方法は他にもある

ついでに、もう乗る日時が決まっている場合は、日本でチケットを予約することもできます。
台湾高鉄のHPから日本語で予約できます。→ 台湾高鉄インターネット予約システム24h
早割もあるようなので、決まっている人は是非!
私たちは、行きは飛行機の遅れもあるかもだし無理かなということで、帰りも特に時間を決めてなかったので(台南でどのくらい遊ぶかきっちり決めてはいなかったので)、普通に駅で買いました。

それから、
外国人限定の、台湾高鉄3日間乗り放題パスというのもあります。
台南だけじゃなく、高雄や台中にも行こう!という人はすごくお得だと思います。
台湾高鉄HPでも手に入りますが、JTBのサイトや台北ナビのサイトでも売ってます。(高鉄のHPで売っているものの全く同じものであるかどうかはわかりません)

また、台湾内のコンビニでも買えるということです。
これは台南のコンビニで試してみようと思ったのですが(帰りが土曜日だったので、混むかなーと思って)、結局、正確な時間を決めかねて断念しました。

列車の中で食べるものを調達

ふっふっふ。
旅のお供には、やっぱりお菓子やちょっとした食べ物が必要ですよね。
で、駅で調達することに。

駅にはセブンイレブンあり。日本と違う品揃えがたのしい

お、セブンイレブンがあるじゃないですか。
おにぎりっぽいものがいろいろ売っています。
おいしそー!

おにぎり1
おにぎり2
おにぎり3

ふぉ〜、おいしそうなのがいっぱいある!
2番目の写真の左側の「黒胡椒なんたら」と一番下のやつを買ってみました。
うん、日本のおにぎりの味ではないですね。
中身ももっと量が入っていてボリュームがある感じ。
旅行気分満載です。美味しいです。
お菓子なんかも調達します。
日本のものもたくさんありますが、例えばおにぎりでも現地っぽいテイストになってたりして、すごくたのしいです。
(日本風のおにぎりもあったよ)

車内販売カートも来る!

もし何も買えなくても大丈夫。
日本と同じように、車内販売もありです。
お姉さんがカートで売りにきてくれます。

コーヒー買いました。
特においしくはないけど、目はちょっと覚める。
お菓子も食べる。

コーヒー

これは同行者の一人がどうしても欲しいというので買ったベビースターラーメンの太い麺版。

ベビースター

味? 同じですよう。
台湾には日本のお菓子がたくさん売ってます。
だからってここで買わんでも。や、食べたけども。

窓の外見たり、うとうとしたりしていたら、台南に到着。
1時間45分ぐらい。東京からこだまで静岡か浜松ぐらいでしょうか??
乗り心地もいいです。

台南駅の台湾新幹線、高鐵。かっこいいでしょ?

新幹線

ロイヤルホストも駅弁も

あら、高鐵台南駅にはロイヤルホストがある。

ロイホ

どんなメニューかなぁ。

駅弁も売ってます。

駅弁

「臺鐵便當」(台鉄便当)ってありますけど……弁当じゃなくて便当という字が微妙。
台南駅では売り切れだったんですが、この駅弁、台北でも売ってるそうで。
しかも、ただならぬものらしいんですよ。
なんでもけっこうなボリュームで美味しいらしいんです。
ガイドブックやネットでも取り上げられていました。
でも、そこまでお腹がすいてなかったので、今回は買いませんでした。
どんなのかなー?

さあ、次は、ローカル線に乗り換えて、台南の市内だ〜!

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
こんにちは〜、snowflowerです。 基本的に動くのも面倒臭いのも嫌いなのに、旅行は好き。 超寒がりなのに「オーロラをこの目で見る」ことと、山登りどころかハイキングもイヤなのに「キラウエア火山の火口を見に行く」というのが夢。 IT記事がいっぱいのこのサイトに、なんとなく場違い?感をただよわせつつ、ぼちぼち書かせていただきます。 どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です