0 / 140

【iOS 11】iPhoneを再起動せずに、Touch ID(指紋認証)をすばやく無効にする方法

「iOS 11」にはTouch ID(指紋認証)を瞬時に無効化するセキュリティ機能が用意されています。iPhoneなどのスマートフォンがパスワードやパスコードでなくTouch ID(指紋認証)で保護されている場合には、警察などの特定の法執行機関から法的にグレーゾーンとして、ユーザーはそのロック解除を要求されることがありました。

Disable_TouchID_iOS_11

警官はiPhone所有者にTouch ID(指紋認証)でのロック解除を強要できる。けれど、パスワードは法律で守られているため、パスワードの入力を強要することはできない。持っているiPhoneをiOS 11にアップグレードした場合、Touch IDを瞬時に無効にすることができるようになります。

これまでTouch IDを無効にする唯一の方法は、デバイスを再起動するか、意図的にTouch IDチャレンジに何度も失敗してデバイスをパスコードまたはパスワードのロックを解除するように強制的にすることでした。この新しい機能は実際には現在ベータ版になっているiOS 11の機能の一部です。


これはTouch IDの使用を防止するとともに、必要に応じて緊急サービスにダイヤルする機能にすばやくアクセスするための機能です。

このiOS 11の新しい機能「緊急SOS」を使って、Touch IDをすばやく無効にしたり、iOS 11で緊急電話​​をかけるために必要な作業は次のとおりです。

「緊急SOS」機能をオンにする方法

  1. 緊急SOS」機能を有効(オン)にするには、iOS 11で動作するiPhoneの設定アプリを開いて[設定]→[緊急SOS]を開きます。
  2. そして、「緊急SOS」設定画面で、まず[自動通報]のトルグボタンをを緑色の“オン”にします。
  3. [自動通報]をオンにすると、画面下に[カウントダウンで音を出す]がデフォルトで“オン”になります。[自動通報]をオンにしたまま、[カウントダウンで音を出す]を有効、または無効化することができます。その際には、単純にトルグボタンのスイッチを切り替えるだけです。

瞬時にTouch IDを無効にする方法

上記のように「緊急SOS」機能をオンに設定していれば、必要に応じてTouch IDの使用を防止することが可能になります。

  1. iPhoneがロックされているかどうかに関わらず、[スリープ/スリープ解除(電源)ボタン]をすばやく5回押します。
  2. [電源オフ]ボタンとともに[緊急SOS]電話発信ボタンの2つの¥オプションボタンが表示されます。どちらのアクションを選択しても、iPhoneのTouch ID機能は瞬時に無効になります。

ここでiOSデバイスのロックを解除するには、もちろんパスコードの入力が必要になります。Touch IDを再度有効にする方法もまた然りです。

誰かが自分のiPhoneにアクセスするために、あなたの指を必要とするかもしれません。こうした状況に直面したら、迷わずに[スリープ/スリープ解除(電源)ボタン]をすばやく5回押しましょう。こうしたシチュエーションが現実になることはそう滅多にないかもしれません。運が良ければ一生ないかもしれませんが、時には滅多にないことが起きることもあります。

The following two tabs change content below.
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です