0 / 140

【iPhone】バッテリの寿命を確認するアプリ「Battery Life(バッテリー・ライフ)」。バッテリが弱っているなら…自分で交換しちゃう?

iPhoneのバッテリが弱っていると、突発的なシャットダウンを防ぐためにCPUの動作速度を抑制しているということを、Appleが公式にコメントしたばかりですが、自分のiPhoneのバッテリがどれくらい弱っているのか知りたいですよね。実は「Battery Life(バッテリー・ライフ)」というアプリで簡単に調べられるんです。また、弱ったバッテリを交換するにも、Appleにお願いすると少し割高…それなら自分で交換しちゃう?ということで市販のiPhoneのバッテリ交換キットも少しご紹介したいと思います!

iPhoneのバッテリの寿命を確認するアプリ「Battery Life(バッテリー・ライフ)」。バッテリが弱っているなら…自分で交換しちゃう?

「Battery Life(バッテリー・ライフ)」でバッテリの寿命を調べる

バッテリー・ライフ (Battery Life) 2.1.5 (無料)
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: RBT Digital LLC – RBT Digital LLC(サイズ: 30.68 MB)
全てのバージョンの評価: (5435件の評価) iPhone/iPadの両方に対応

 
Battery Lifeを使えば、簡単にバッテリの状態や容量などを知ることができます。左がiPhone X、右が古いバッテリを搭載したiPhone 6です。

自分でiPhoneのバッテリを交換する

また、自分でバッテリを交換する方法もあります。※ただし、簡単に交換できるものではないこと、iPhoneが故障する恐れがあること、またiPhoneを開けた場合はAppleのサポートが無効になりますので、それらを踏まえて自己責任で行える人で、節約したい・挑戦してみたいという場合には試してみてください。
iPhoneのバッテリ交換キットで一番評価が高いのはiFixitであろうと9to5macは紹介しています。キットは、iPhone SE、iPhone6/6 plus、iPhone6S/6S plus、iPhone7/7 Plusがアメリカ版Amazonで販売されています。電池の寿命は1年間です。キットには交換用のバッテリの他、交換に必要なツールも含まれています。

※上記記載金額は当記事執筆時の金額です。
なお、アメリカのAmazonで買うのが難しいという方は日本のAmazonでもいくつか取扱がありますが、値段が9,000円以上してしまうのでかなりコスト高になってしまいます。

リスクを踏まえた上で「チャレンジしたいけどコストを抑えたい、でもアメリカ版Amazonでの買い方がわからない」という方は、別商品になりますがアメリカ版Amazonでのアカウントの作成から買物方法まで紹介している記事があるので、よければ参考にしてみてください。

もちろんこちら以外にも、日本の会社から販売されているキットもありますので、DIYでのバッテリ交換に興味がある方は色々探してみてくださいね。

source:9to5mac

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です