0 / 140

【Apple】iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについてサポート文書にて説明

Appleは現地時間の2月6日、サポートページの「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」の項目を更新しました。iPhoneのパフォーマンスとバッテリーの関連性についてと、同じく2月6日に公開されたiOS 11.3ベータ2に搭載されたパフォーマンス管理について説明しています。

Apple、iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについてサポート文書にて説明

「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」について

iPhoneの「計画的陳腐化」が問題視されている中、Appleは「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて」のサポート文書を公開しました。同ページにおいてAppleは改めて、iPhoneに使用されているリチウムイオンバッテリーは消耗品であること、またバッテリーの化学的経年劣化が進むにつれて性能が低下するとした上で、なぜiPhoneが突然のシャットダウンをしてしまうのかを説明しています。

リチウムイオンバッテリーの化学的経年劣化が進むと充電可能な容量が低下し、その結果、再充電が必要になるまでの時間が短くなっていきます。これは、バッテリーの最大容量 (新品時と比較したバッテリー容量の基準) の低下と言うこともできます。さらに、バッテリーの最大瞬時給電能力 (ピーク電力) も低下する可能性があります。iPhone が正常に機能するためには、バッテリーが電子部品に瞬時に給電できなければなりません。この瞬時給電に影響を与える属性の一つがバッテリーのインピーダンスです。バッテリーのインピーダンスが高いと、システムが必要とする電力を供給することができません。化学的経年劣化が進んだバッテリーでは、このインピーダンスが増加する傾向があります。バッテリーのインピーダンスは、充電残量が少ない状態や低温環境下でも一時的に増加します。このような状況と化学的経年劣化が重なると、インピーダンスの増加はさらに顕著になります。こうしたバッテリーの化学的特性は、業界全体に普及しているリチウムイオンバッテリーすべてに共通するものです。

インピーダンスが高いバッテリーから電力が供給されると、バッテリーの電圧が急激に低下します。電子部品が正常に動作するには最低限の電圧が必要です。たとえば、デバイスの内蔵ストレージ、電源回路、バッテリー本体などがそうです。電源管理システムはバッテリーの性能を判断した上でこうした電力供給を行い、システムが継続的に動作できるように負荷を管理していますが、電源管理システムの能力を最大限に発揮しても継続的な動作が難しくなると、電子部品を保護するためにシステムがシャットダウン (システム終了) します。このシャットダウンは、デバイスの観点からすれば意図的な動作ですが、ユーザにとっては想定外、すなわち「突然シャットダウンした」ということになりかねません。

バッテリーの充電残量が少ない化学的経年劣化が進んでいる周囲温度が低いといった状況下では、突然のシャットダウンが起きる可能性が高くなります。それを防ぎiPhoneを継続して使えるようにするために、iOSがパフォーマンスの瞬間的なピークをダイナミックに管理しているということです。この機能はiPhone固有のもので、他のApple製品には適用されていません。
また、iPhone 8/8 PlusiPhone Xに関してはより進化した設計になっているため、今までのiPhoneとは異なるパフォーマンス管理が可能になっており、突然のシャットダウンというような悪影響は目立ちにくくなっているとのことです。しかしどのiPhoneモデルであっても、時間の経過とともに充電式バッテリーの容量やピークパフォーマンスは低下し、いずれは交換が必要になることに変わりはないとしています。

iOS 11.3ではパフォーマンス管理機能が改善

iOS 11.3では、このパフォーマンス管理機能が改善され、突然のシャットダウンを防ぐために必要なパフォーマンス管理のレベルが定期的に評価されるようになり、より状況に即したパフォーマンス管理が可能になります。
また、「バッテリーの状態」では、突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能のON/OFF、バッテリーの最大容量、ピークパフォーマンス性能の状態表示などの確認もできるようになります。

その他Appleサポートページでは、バッテリーのパフォーマンスを最大限に引き出す方法や、パフォーマンス管理が極端な形で必要とされる状況になった際の変化などが詳細に説明されています。
source:Appleサポートページ

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。