0 / 140

【台南・台北旅行】台北に行ったらぜひ!不思議な街「九份」へショートトリップ!

『千と千尋の神隠し』の舞台のモデルと言われる九份。
レトロでなんだか懐かしいような雰囲気と、アジアな熱気がたのしめる不思議な場所です。
台北からは1時間半くらいでしょうか。
そうとは思えないほど、台北市街地とは別モノの雰囲気!
ちょっと足を伸ばして、少し高地にあるこの観光地「九份」に行ってみませんか?

「そうだ、九份に行こう!」というわけで、コンシェルジュに相談

2016年2月末の台湾旅行でのこと。
午後、ホテルに着いてすぐ思いついたのは、「九份に行こう!」でした。

しかし、思い立ったものの、なんの計画も立てていなかったので、どうしたもんだか……。
台北中心部からはちょっと距離があるようだし、いきなり出かけるのも無謀な気もします。

「でも、今日、行きたい!」
こういう時は、ホテルの人に聞くに限ります。
このホテル(オークラ プレステージ台北)にはコンシェルジュさんもいることだし、早速、行きかたを相談することにしました。

こちらもチェック!

なんとこのコンシェルジュさんは日本人でした。
さすが日系ホテル。

で、「夜の九份が見たい」という希望を出したところ、

バス
オプショナルツアー
タクシー

の3つの方法を示されました。〔一番最後にもっと詳しく書いてあります〕

その上で、
 ・九份は雨が多い。かなりの確率で降る
 ・オプショナルツアーがたくさん出ているので、そのお客さんでいっぱい
 ・夜は特に人気
 ・帰りのバスは、乗り場によっては何台待っても乗れないことがあり得る。
  (これについての対処法も後ろのほうにあります)

などなどの情報をくれました。
さらに、パンフレットをくれて、「このあたりを歩くといい」などのアドバイスも。

で、結局、タクシーをチャーターすることにしました。
4時間で2500元。1万円弱?

オプショナルツアーだと、食事かお茶が付いて5~6000円ぐらいなので、私たちは3人だったので1万円ということは、まぁ悪くないかな。
(今日着いたばっかりで、疲れていたということもある)

タクシーの手配などはもちろんコンシェルジュさんがやってくれて、ツアーのお客さんたちとなるべくかぶらない時間で、設定してくれました。(コンシェルジュがいない場合も、フロントの人に頼めば大丈夫)

自分で電話かけたりネットで申し込んだりしなくてよくて、ホントらく~~~。

九份まではタクシーで高速をとばして約1時間くらいかな。
ちょっとした旅です。
だんだん、緑の多い土地に入って行きます。(山ですよ、山)
雨も強くなってきました。大丈夫かいな〜。

けっこう登ってきたところで、着いた~。
うわ、もうバス停付近からすごい人!

100均レインコートとメモ帳を持参

「九份は雨が多くて、しかも急にザーザー降る」という情報は、じつは旅行前にネットで得ていたので、100均でレインポンチョを3人分買っておいたんですよ。
これは良かった!
ほんとにがんがん降ったの!

九份にもセブンイレブンがあって(台北にはあちこちにファミマとかセブンイレブンがある)、そこにもレインコートたくさん売ってましたけどね。
レインコートないと、全身ずぶ濡れかもってくらい降ってました~!

タクシーの運転手さんに、商店街みたいなところ(老街)の入り口(セブンイレブンのそば)で下ろしてもらったんですが、降りる前に帰りの時間を確認したところ、なんと、運転手さんには日本語だけでなく、英語も通じない……

で、結局、どうしたかというと、メモ帳に数字書いて伝えたの。
帰りの時間だからね。
いや~、メモ帳、活躍したわ。
言葉がまったく通じないって、簡単なことも伝えられなくて大変だってことがすごくよくわかりました。
メモ帳、必須ですよ。

混沌と熱気の商店街にびっくり!

さて、商店街。(老街というそうです)
これ、すごかった~。
狭い道の両側に店がひしめくように建ってるんです!(「ひしめく」って言葉はこのためにあるんだ!)
もう、アジア~って感じ(笑)。

しかも狭い道を人がたっくさん歩いてる。ただの「たくさん」じゃなくて「たっくさん」ですよ。
人だけじゃなくて、時々、バイクなんかも通るのよ!!!!!
もう、むちゃくちゃ~。

でも、とっても熱気があっておもしろい。
中華雑貨や食べ物の店、なんでだか、オカリナ屋さん(「是誠陶笛」というお店)もあった。
もちろん、お土産屋さんもたくさん。
縁日のようでしたよ。

お店をちょこちょこのぞきながら、少しずつ登りになっている道を歩いていくと、脇にそれたところに展望台のようなところがありました。

そこからの景色は、晴れていたら、すごく良かっただろうに、という感じ。
九份はけっこう高いところにあるんですねぇ。

「千と千尋」の世界なお茶屋さん!

で、階段を下りたところに……

うわ~!!
あのお店がある~!
みんな立ち止まって写真撮りまくってました。

なんでも、「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったとかなんとか。
うん、たしかにそんな雰囲気はありますねぇ!

▪️阿妹茶酒館
新北市瑞芳区豎崎路市下巷20号 ☎︎02-2496-0492

点心がおいしいレストランなんだそうです。

まだ灯りがともったばかりだったけれど、雨で薄暗かったこともあって、とってもキレイでした。テンションあがるわ~。
この店とその前の階段の風景だけでも眺める価値はあります

おお〜、この店も雰囲気ありますね〜!

▪️九戸茶語
新北市瑞芳区九份軽便路300号 ☎︎02-2406-3388, 02-2496-0077

「點水樓」(台北)という、美味しい小龍包で有名な店が経営している中華料理レストランだそうですよ。 

次回はぜひ訪れたいお店

その後、かわいいお茶屋さん(九份茶坊)に入ろうとしたんだけど、40分待ちなので諦めました。
ちょっとレトロな雰囲気ですごく可愛かったので、残念……。
あとで調べたところ、中国茶はもちろんですが、「ウーロン茶ケーキ」が絶品なんだとか。うー、次回はぜひ。

▪️九份茶坊
新北市瑞芳区基山街142号 ☎︎02-2497-6847

なんとなく昔っぽい感じのお店がそこここにあっておもしろい!
九份というところは、昔、日本が統治していた時代に、炭鉱の街として栄えたところだったんだそうです。
だから、その頃の古い地の雰囲気が残っていて、レトロな感じが今また受けているらしいです。

あ、そうだ、おいしそうなアイス屋さんがあったんですよ。
九份阿珠雪在焼」というお店で、鉄板の上で作って売ってるんですよ。
クレープ生地にピーナッツたくさんとアイスを包んだようなもので、すっごくおいしそうだった。

▪️九份阿珠雪在焼
新北市瑞芳区基山里基山街20號

観光地って感じでしょ?
日本語とハングルの文字が!

1つ40元……ってことは、150円ぐらい? 
同行者の1人は買って食べたらしいです。
美味しかったと言ってました!
こんな感じ。

だけど、この日は雨で寒かったので、私にはムリ(涙)。
若い人がけっこう並んでました。こんなに寒いのに……すごい。

まだちょっと時間があったし、なんかあったかいものを飲みたかったので、最初の商店街入り口近くにあった喫茶店(うふふ、昭和の喫茶店っぽいの。お店の名前忘れましたorz)に入りました。
そこで、コーヒーとカフェオレで一服。

さて、帰るぞ。
タクシーを降りたところまで戻って、乗ってきたのと同じ番号のタクシーを探しながら待ちます。(台北のタクシーはみんな同じところに番号があって、わかりやすい)

あ、来た来た、と乗り込むと、運転手さんが大福のようなものをくれました。
それを食べつつ、九份を後にした私たちでした。

運転手さん、ありがとう!!!
にこにこと優しい人でした~。

九份に行く方法

〔台湾元を4倍弱にしたものが、円に換算できると考えていいです。正確には2017年3月29日現在のレートで1元=3.68円。〕

1.オプショナルツアー 
どこの旅行会社でも出していて、九份だけなら金額もあまり変わらない。だいたい5~6000円で、食事やお茶が付いている。夕方以降はものすごく混んでいるので、食事をしたいなら、ツアーが確実。ただし、お店は選べない。
 九份プラス他の場所というツアーもある。

2.タクシーを拾う
台北→九份はタクシーで1000~1300元。帰りのタクシー九份→台北市内は1000元。必ず拾える保証はないけれど、ゆっくりできるのは確か。雨だとタクシーはラク。

3.直通バス
MRT忠孝復興駅から公共バスがでている。1062番の金瓜石行きバスに乗って、九份老街で下車。115元(450円ぐらい)。乗り換えなしで1時間半ぐらい。
 夕暮れ以降は、帰りは結構並ぶので、何台も乗り過ごすことになるかも、とのこと。

4.電車とバスまたはタクシー
台北駅から台鉄に乗って瑞芳駅までいき(76元)、そこからバス(15元)またはタクシー(200元)。帰りのタクシーでは行き先をはっきり書いた紙を見せた方がいいです。台北行きと間違われる場合あり。

5.タクシーをチャーターして、九份と台北を往復
私たちがとった方法。4時間で2500元。2016年2月のレートで1万円弱。正直なところ、4時間では足りない気がする。九份までは、だいたいタクシーで1時間ぐらい(高速の混み方にもよるので、行く時間によるかも)なので、ゆっくりしようと思ったら、現地に2時間では足りない。
まぁ、私たちの場合は、雨がザーザー降ってたし、旅行初日で疲れてたので、良かったのかもしれないけど。

6.行きは直通バス、帰りはバスと電車
台湾に何度も行ってる(現地に友人がいる)人がおすすめの方法。
行きは3の方法で台北から直通バス。でも、帰りはバスかタクシーで瑞芳駅まで行き、台鉄で帰る
直通バスで往復する人が多いのと、直通バスの方が本数が少ないので、帰りに何台も待つということもある。それよりは、近くの駅までバスかタクシーで行った方がいいとのこと。
瑞芳駅でもいいんだけど、少し遠いけれど基隆駅行きもいいですよ。駅も大きいし、街も賑やかなのでおすすめ。基隆は台湾一大きな港町で、夜市も有名」とのこと。(そこから台鉄で帰る)
基隆港の夜景も綺麗だそうなので、九份と合わせて観光してもいいかもしれませんね!

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
こんにちは〜、snowflowerです。 基本的に動くのも面倒臭いのも嫌いなのに、旅行は好き。 超寒がりなのに「オーロラをこの目で見る」ことと、山登りどころかハイキングもイヤなのに「キラウエア火山の火口を見に行く」というのが夢。 IT記事がいっぱいのこのサイトに、なんとなく場違い?感をただよわせつつ、ぼちぼち書かせていただきます。 どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です