0 / 140

【ロンドン&パリ】セントパンクラス ルネサンス ロンドン その2 お城のようなホテルは、「チェンバーズクラブラウンジ」と「ユーロスターVIPサービス」が素晴らしい!

ハリーポッターの映画に出て来そうな、お城のようなホテル「セントパンクラス ルネサンス ロンドン」。
2018年8月、このホテルのジュニアスイートに泊まったところ、部屋だけでなく、素晴らしいサービスがくっついてきましたよ。
いやびっくり!

ジュニアスイートに泊まったら、すごいサービスが付いてきた

私が予約した部屋は、「Chambers ジュニアスイート」という部屋で、3人だったので、ダブルベッドが1つの部屋にエキストラベッドを入れてもらう形での予約でした。
32㎡ということで、ジュニアスイートとして広いかどうかはわかりませんけれど、3人でも十分快適に過ごすことができました。(ロンドンのホテルはどこも狭いらしいので、なかなかいい広さなのでは?と思います)
詳しくは、ここをぜひ見てください。素敵なお部屋ですよ〜!

こちらもチェック!

さて、ロンドンに行く12日前のこと。
ホテルからメールが来ました。
「げ、まさか部屋がとれないとか⁈」と一瞬あわてた私でしたが、読んでみると、とったお部屋に付随するサービスのことでした。

 ・チェンバーズクラブへのアクセス
 ・ユーロスターに乗る人のためのVIPサービス

これらのサービスが使えますよ〜、とのこと。
ユーロスターのサービスについては、ホテルの口コミかなんかに「すごくいい」とあったので、ぜひ試してみたいと思っていたのですが、「チェンバーズクラブへのアクセス」とはなんぞや?

メールに返信して、これは何かと質問してみました。
そしたら、ホテルの中に「チェンバーズクラブ」というラウンジがあり、そこでいくつかのサービスを受けることができるのだそうで。

 ・朝ご飯
 ・ライトアフタヌーンティー
 ・夕方のカナッペタイム

それから、午後3〜10時はいつでもワインとビールを、ソフトドリンクなら1日中提供してくれるとのこと。
あら、素晴らしいサービス。

ついでに、イギリスはコンセントの形が違うので、「変換プラグは貸してもらえるか?」と聞いたら、「ロビーのコンシェルジュに言ってもらえればお貸しできます」ということでした。
うーん、メールもいい感じ。期待しちゃうわ〜。

朝ご飯とライトアフタヌーンティー

チェンバーズクラブはこんな感じ。

客室前の廊下から、こんな階段を降りていくと、

こんな感じの部屋に出て、係りのスタッフが席に案内してくれて、(1杯目の)飲み物を聞いて持ってきてくれます。

朝ご飯はバイキング形式で、並んでいるものの質もなかなかのもので、食べすぎちゃいそうでした。

ベーコンやソーセージ、ローストした野菜や卵料理などなど。

サーモンやハムなどのオードブル系、クロワッサンも美味しそう。(写真がダメダメですみません)

ワッフルもいいですね〜。他にもパンの種類はありました。

ヨーグルトやシリアル類、スムージーも。

私はこんな朝ご飯。

チーズが充実してて嬉しかった!

う? 連れはこんな感じ。うまそう。
サラダもあっていいですね。

いい一日のスタートが切れそうでしょ?

ライトアフタヌーンティーとはどんなもの?

イギリスといえばアフタヌーンティーが有名。
せっかくなので、ここのラウンジで提供してくれるというライトアフタヌーンティーにも行ってみました。

これもバイキング形式。
ここにケーキやサンドイッチなどがのってるんですよ。

こんな感じ。

これは私の食べたケーキ。(甘かった)

デザインが可愛いでしょ?

スコーンはてっぱん。でも、食べ過ぎだと思う。

本格的なアフタヌーンティーではないけれど、十分楽しめるものでした。

夕方のカナッペやお酒のサービス、日中のソフトドリンクのサービスは受けなかったのでわかりませんが、ちょっと覗いて見てもよかったな。

スタッフもいい!

ここのラウンジのスタッフ、何人かいましたが、フレンドリーで親切でした。

朝ごはんの時に、コーヒーをついでくれたお姉さんに、「今日は暑い?」と聞いたら、「もう、ものすごく暑いわ! 30℃超えるし」というので、「日本の方が暑いわ。もっと蒸し蒸ししてるし」と言ったら、「あ、ニュースで見た! 40℃でしょう?」というではないですか。
日本の異常な今年の気温は、世界的なニュースになってたのね。

コンシェルジュとユーロスターサポート

このコンシェルジュという存在をすっかり忘れていました。
最初からしっかり思い出しておけば、たとえば、どっかのホテルのアフタヌーンティーとか予約してもらえたのに……とあとで悔やみましたとも。

でも、明日パリへ発つという日の夕方、ハッと思い出しました。
そう、私たちは、翌日、ユーロスター(英仏海峡トンネルでイギリスとヨーロッパ大陸をつなぐ国際列車。高速列車で、パリまで2時間半です)で、パリに移動する予定だったのです。

この部屋に宿泊している人にはいろんな特典があるんですが、すっかり忘れていたんです。
ユーロスター乗客へのサポート」というやつを。

で、前日にコンシェルジュに頼みに行くと、翌日の12:45〜50ぐらいにコンシェルジュデスクに来てくださいと言います。
このホテルは、ユーロスターの駅に直結していて、まぁ、それもあって選んだところもあるんですが、

当日に行ってみると、背の高いスタッフの人が私たちの3つのスーツケースを1人で転がして!!!(本当に3つ運んだ!)スルスルとユーロスターの駅に。
駅員さんに彼が持っていたプレートを見せて、並んでいる乗客とは別の入り口から入って、私たちはあっという間に荷物検査と入国検査(フランスへの入国をここで済ませちゃうんです!)して、スタッフさんは荷物を待って、私たちの客車の荷物置き場にスーツケースを収納して帰って行きました。

す、すごい!
神でした!

前日に、ユーロスターに乗る人の長〜〜い列を見て覚悟してたのに、この早業!!
このサービスだけでも、あのホテルのジュニアスイートに泊まった甲斐はあります!(断言)

というわけで、楽しいロンドン旅行の拠点となった「セントパンクラス ルネサンス ロンドン」。
イギリス国内旅行の発着駅「キングスクロス駅」やロンドン内を走る地下鉄の駅にも隣接していて、とても便利。
また、駅にはいろんなショップがあるアーケードがあり、ちょっとしたお土産なんかもがっちり買えてしまいます。
キングスクロス駅周辺は夜は治安がイマイチと聞いていたので、ちょっと心配していましたが、ショップが空いている時間辺りは人通りも多いし、大丈夫そうでしたよ。

それに、このホテルの外観は、泊まってなくても一度見にくる価値ありです!
ユーロスターの駅が見える、カフェもありますよ。
このカフェから出たところ。
この出入り口でユーロスターの駅と繋がってます!

セント パンクラス ルネッサンス ロンドン
St. Pancras Renaissance Hotel London

Euston Road, London NW1 2AR, England
Tel:(44) 207-841-3540
HPはコチラ

The following two tabs change content below.
こんにちは〜、snowflowerです。 基本的に動くのも面倒臭いのも嫌いなのに、旅行は好き。 超寒がりなのに「オーロラをこの目で見る」ことと、山登りどころかハイキングもイヤなのに「キラウエア火山の火口を見に行く」というのが夢。 IT記事がいっぱいのこのサイトに、なんとなく場違い?感をただよわせつつ、ぼちぼち書かせていただきます。 どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です