Apple、macOS Sierra 10.12.2 Beta 1を開発者向けにリリース。

Appleは本日11月1日(現地時間10月31日)、Mac向けOS「macOS Sierra」の2度目の修正バージョンとなるmacOS Sierra 10.12.2初となるベータ版「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1(Build:16C32e)」をデベロッパー向けにリリースしました。

macOS_Sierra10122beta1

macOS SierraはこれまでのMacのOS名称をOS Xから改名して新しく今年開催されたWEDC2016(6月14日)で発表され、9月21日に「macOS Sierra 10.12としてに正式版がリリースされました。その翌日(22日)には初の修正版となるベータ版「macOS Sierra 10.12.1 Beta 1」が開発者向けにリリースされ、5度のベータ版リリースを経て10月25日に正式版がリリースされています。

macOS_Sierra10122Beta1-02

今日リリースされた「macOS Sierra 10.12.2 Beta 1(Build:16C32e)」は、正式版「macOS Sierra 10.12.1」リリースからちょうど1週間でのリリースとなります。これまでの開発の進捗と同様に前のベータ版公開からほぼ1週間の間隔でリリースされています。アップデート内容については不明ですが、多くは不具合の修正及びセキュリティ面での脆弱性への対処かと思われます。また、iOS 10.2、watchOS 3.1.1、tvOS 10.1、Xcode 8.2の各種Beta版も同時公開されています。

macOS_Sierra10122Beta1-01

開発者向け各種OSのベータ版は、Apple Developerプログラムに登録されており、Apple Developerダウンロードサイトよりアップデートが可能となっています。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です