0 / 140
CAPTCHA Image

【台南・台北旅行】「カインドネスホテル台南 チーカンタワー」は、ほんとにkindなホテルだった

私にとって、旅でのホテルライフって重要。
いや、別に高級ホテルじゃなきゃやだとかいうんじゃないんですよ。
や、高級ホテル好きだけれども。
清潔で、感じのいいホテル、これが絶対条件かな。
さて、私が台南で選んだホテルはここ!

カジュアルで可愛い、居心地のいい部屋

さて、台南のホテルは

カインドネスホテル台南 チーカンタワー
康橋商旅 – 台南赤崁樓館

「チーカンタワー」っていうのは、このホテルのそばにある有名な(らしい)観光地「赤崁楼」のことですね。

カインドネスホテルっていうのは、台湾にいくつかあるチェーンホテルらしいです。
わりと新しくて、お手頃な値段で、サービスも良いというので人気があるよう。

実際、私がこのホテルを予約したのも、旅行情報サイト「トリップアドバイザー」で、台南のホテルで口コミランキングで1位だったからです。

今回のこのホテルの宿泊代は、3人で泊まれる部屋で3,980台湾ドル(元)、つまり14,000円ぐらいかな(その日のレートによります)。
1人4,800円ぐらいで、朝食付きというとってもリーズナブルなお値段のホテルです。
どんなかな〜。

タクシーで走る街並みはほこりっぽくて、ちょっとさびれた感じ。
(歩くと駅から15分ぐらいらしいですが、荷物を持って15分歩くという考えは私の辞書にはありません)
黄色い建物で見つけやすいです。

駅からのタクシー代は、90元(後ろのトランクを使うと10元加算だそうで、タクシーのメーターは80でした。ただ、この運転手さん、道を間違えたので、5元余計にかかっている。帰りは85元でした)。5/2のレートで370円ぐらい。
台湾のタクシー、安いんです。

さて、部屋は3階。
ドアを開けて入っていくと……
あ、かわいい!

kindnesshotel tainan chihkan tower 1

カジュアルな雰囲気で、誰かの部屋に遊びにきたような気軽さがあります。
ホテルというには、なんだろう天井が低いのかな、でもすごく清潔で、いごこちが良さそうです。
ライトとか、部屋のあれこれのデザインも可愛いですよね〜。

扉はないんですが、ふた部屋になっていて、写真のようにシングルベッドの部屋と奥にダブルベッドの部屋が並んでいます。
なかなかの広さ。

さて、手前のへやのベッド再び。

kindnesshotel tainan chihkan tower 2

入った途端にベッドにダイブした人がいたので、ベッドがしわになってますけど。
窓の外は通りで、通りの向かい側のビルが見えますね。

ベッドの向かいにはデスクとテレビ。

kindnesshotel tainan chihkan tower 3

そして、無料の水のペットボトルとお茶のティーバッグ、湯沸かし器などなど。
下には冷蔵庫ですね。
無念なことに、冷蔵庫の中はのぞいてこなかった!

奥の部屋には、ダブルベッドとソファのセットがあります。

kindnesshotel tainan chihkan tower 4

ソファの横にはクローゼットもあって、広さは十分。
スーツケースも広げるスペースがあります。

kindnesshotel tainan chihkan tower 5

この部屋にも確かデスクがあったような……
すいません、記憶も曖昧、写真もないという体たらくです。orz

バスルーム。
バスタブはなし、シャワーブースだけです。

kindnesshotel tainan chihkan tower 6

でも、冬でもあまり寒くない土地なので、充分かもです。

シャワーブースのアメニティは男女別に揃っています。
なんで男女別?
香りの違いでしょうかね?
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
コンディショナーだけは男女共用です。
あ、香りは関係ないのかな。

kindnesshotel tainan chihkan tower 7

あ、このシャワー、すごいんですよ。
右側についている、普通の手で持てるシャワーヘッドだけでなく、シャワー台についている6つの丸いシャワーヘッド(?)からもシャワシャワとお湯を出すことができるんです! 
洗車?
面白いですが、私は普通のヘッドだけ使いました。

このシャワーブース、使うときに注意してください。
上の方が開いています。
シャワーを上に向けてジャージャーやると、この洗面所が水びたしになります。
(若干1名、実際にとなりのトイレを水びたしにした人がいます)
まぁ、床も濡れても大丈夫になってますので、大惨事にはならないんですけど、一緒にいる人はムカッとしますからね。
ええ、人間関係って大事です。

トイレはウォシュレット。

kindnesshotel tainan chihkan tower 8

洗面シンクの脇には、アメニティが。

kindnesshotel tainan chihkan tower 9

シャワーキャップ、歯ブラシ、ひげ剃り、石鹸、フェイシャルソープ(「洗面乳液」っていうんですね!)にボディーローションなんかが置いてあります。

kindnesshotel tainan chihkan tower10

入った時に、なんとなーく、湿気っぽいような臭いがしましたが、高温多湿な気候なので、まぁ仕方ないかという感じです。
4月の終わりというのに30度近い気温ですし。
クーラーかければ気にならないくらいのものです。
(実際、私の他2名は全く気にならなかったらしい。繊細な人にしかわからないぐらいってことですかね?)

あ、高級感はないですね〜。(笑)

ケーキと飲み物、アイスクリームはいつでもOK、なんと夜食もあり

ホテル入り口からまっすぐ奥に入ったところに、レストラン?いや、宿泊客しか来ないから、ダイニングというのかな、ともかくそれがあります。

で、このホテル、太っ腹というか、やっぱ kind なんでしょうか。
なんとケーキ・アイスクリームとドリンクは24h食べ放題、飲み放題。

ケーキはこんな感じ。

kindnesshotel tainan chihkan tower 11

アイスも何種類か。

kindnesshotel tainan chihkan tower 12

ドリンクはファミレスのドリンクバー風。

kindnesshotel tainan chihkan tower 13

このホテルの周りには、さきほどの赤崁楼や林百貨店などの観光名所や、有名な食べ物の店(担仔麺で有名な「度小月」とか)なんかがあります。
なので、ちょっと出歩いた後で、お茶しに寄るなんてことも可能です。

特に春の時期でさえ暑くなる台南、夏に観光しようと思ったら、休み休みじゃないと死んじゃいます(私ならたぶん)。
そんなときに、とっても助かるんじゃないかな。

さ・ら・に、
夜9時〜12時には「夜食タイム」がありますのよ。
いったいどこまで体重を増やせというのでしょうか。

おおっ、担仔麺があるじゃないですか。

kindnesshotel tainan chihkan tower 14

「台湾の伝統的な料理」って、説明になってるんだかなってないんだか、です。
でもいいにおい。美味しそう……
自分で盛る形式です。トッピングもいろいろあり。

肉まんあんまん的なものや、他のデザート系も。
台湾の人気デザート「豆花」なんかもあります。
あんことか、フルーツを甘く煮たものをトッピング。

kindnesshotel tainan chihkan tower 15

これはグアバ。

kindnesshotel tainan chihkan tower 16

グアバ自体は美味しくもまずくもないというか、瓜?みたいなものなんです。
で、そばに梅味の粉があって、「これをかけるとおいしいっ!」とどこかのサイトに書いてあったので、試してみたんですが別に美味しくなかったです(笑)。メロンっぽい味になるかな〜、どうかな〜。

ちなみに、セブンイレブンなんかでもグアバとこの梅味の粉がセットで売られています。
……というぐらいポピュラーなもののようです。
人の好みはいろいろです。
げっ、というような味ではないので、ぜひ一度お試しを(にこっ)。

朝食もなかなか

朝、8時半ごろ朝食に行くと、あら、こんなに人が泊まっていたの、というくらいテーブルが埋まっていました。

台湾旅行といえば食べることが楽しみの一つなので、朝食は付けないという人も多いようですが、私は付けます。
朝から店を探して出かけるのってダルいんですよぉ。
なので、朝食専門店のリポートはできません。
お許しください。
(台湾は朝食から外食、という人が多いので、朝食の店やモーニングの有名な店が多いんです。え、名古屋みたい?)

で、カインドネスホテルの朝食ですが、わ〜い、お粥がある!

kindnesshotel tainan chihkan tower 17

トッピングもいろいろ。

一般的な洋食と中華の朝食が揃っている感じです。

魯肉飯かな? 白米に、ひき肉に醤油味をつけたものをかけて食べます。
朝からがっつり?

kindnesshotel tainan chihkan tower18

卵とか、女の人がその場で焼いてくれます。
注文したくとも日本語通じないので、このメニュー?を持って、右上のやつを指差して注文。

kindnesshotel tainan chihkan tower19

ネギを入れる時に、「これでいいの?」って感じで、もう一度確認してくれました。
いい人です。

パンもいろいろ。
サラダやコーンフレークとかもありました。

私のお皿。

kindnesshotel tainan chihkan tower21

お粥、向こう側には塩味の卵。半分だけど、殻付きです。
これはかなりしょっぱい。コンビニにも売ってました。

さっきの焼いてもらったネギ入りの卵と、ゴマ付きの中華パン?
左上は豆乳❤️
じつは朝からあんまんも食べました。

kindnesshotel tainan chihkan tower22

旅行の時の胃って、収縮自在なんでしょうか。
私はいつもは朝からこんなに食べないんですよ、ほんとですよ。

自転車借りて走り回るのはコワイかも

フロントの人もそうでない人も、従業員の方々には日本語を話せる人はいませんでした。
英語で話しかけるとフツーに返してくれるので、英語は大丈夫。
よっぽどのことがない限り、問題ないです。
(単語ぐらいで通じます。「タクシー、プリーズ」ぐらいでタクシー呼んでくれるとか)

あ、そうだ。
このホテルでは、自転車を無料レンタルしてくれるそうです。
それ自体は、とっても親切なサービスだと思います。

台南には地下鉄ないし、バスに乗るのは慣れるまでちょっとハードルが高そう。
でも、観光地巡りでも食べ歩きでも、いくつかの目的地が、それぞれ歩くにはちょっと遠いかな、という距離のところにあることが多いです。

だがしかし、台南の、しかもこのホテルのまわりは自転車を乗まわすには危険と見た。
バイクがいーっぱい走っていて、歩いていてもコワイことがありますんですよ。
自分の注意力と自転車運転能力をよーくかんがみて、借りるかどうか決断しましょう。
命は大事にするのですよ。

え、ホテル自体のマイナス点も書いておかなきゃいけない?
そうですねぇ……あ、じゃあ、一つ。
朝食はバイキング形式なので、終わったお皿は係りの人がテキパキと下げてくれます。
ワゴンで回収していくんですが、そのワゴンに生ゴミの回収容器が付いていて、その場で食べ残しをそこに入れるのですよ。
あれはあまり見ていて気持ちよくないので、奥に下げてから入れて欲しいかなぁ。
合理的ではあるんですけどね。

というわけで、「カインドネスホテル 台南チーカンタワー」のレポートはおしまい。
快適に過ごせたホテルでした!
おススメです。

こちらもチェック!

The following two tabs change content below.
こんにちは〜、snowflowerです。 基本的に動くのも面倒臭いのも嫌いなのに、旅行は好き。 超寒がりなのに「オーロラをこの目で見る」ことと、山登りどころかハイキングもイヤなのに「キラウエア火山の火口を見に行く」というのが夢。 IT記事がいっぱいのこのサイトに、なんとなく場違い?感をただよわせつつ、ぼちぼち書かせていただきます。 どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です