0 / 140

【iOS 11】脱獄不要!iPhoneのメモリ解放やホーム画面リフレッシュできるリスプリング(Respring)を行う方法

iPhoneやiPad、iPod touchなどのiOSデバイスをしばらく使っていると、メモリ不足、いわゆるゴミがたまった状態となり、動作が不安定になることがあります。そんな時に有効なのが再起動ですが、再起動することなくすばやくメモりの解放やホーム画面のリフレッシュを行う 「リスプリング(Respring)」という方法があります。

iOS 11デバイスで「リスプリング(Respring)」を行うにはどうしたらいいでしょう。もし、使用しているiOSデバイスが「iOS 11.1.2」までのバージョンである場合には、「FilzaJailed」というファイルマネージャーを使って、特定の変更を行うことによって可能でしょう。これなら“非脱獄”のデバイスで使用が可能です。iOS 11のどのバージョンでも行いたい場合にはどうしますか?興味がある場合には、以下で紹介する方法を試してみてください。

iPhoneでリスプリング(Respring)を行う方法

「Respring」アプリをインストール

  1. まず最初に、iPhoneの標準ブラウザMobile Safariで以下のURL「http://respring.lmdinteractive.com」にアクセスします。すると、インストールするアプリの「構成プロファイルを表示する」ことを許可するか聞いてくるので[許可]をタップします。
  2. 次に、「構成プロファイルをインストール」画面が表示されるので、画面上部右サイドの[インストール]ボタンをタップします。
  3. ここで「パスコードを入力」するように求められたらパスコードを入力し、画面下のメニューから「インストール」ボタンをタップします。
  4. インストールが問題なく完了すると、「インストール完了」画面が表示されるので、画面上部右サイドの[完了]ボタンをタップしておしまいです。

「Respring」アプリでリスプリングを実行

  1. インストールしたら、iPhoneのホーム画面に戻って、インストールされた「Respring」アプリを探します。
  2. 通常のアプリと同様にアイコンをタップします。すると、アイコンをタップするだけで、iPhoneが強制的にリセットされます。

Respring」アプリを使用することで、リスプリングを簡単に実行することが可能となります。「Respring」アプリがあれば、シンプルにアイコンをタップするだけで簡単にiPhoneデバイスをリフレッシュ、強制的にリセットするリスプリングを実行することが可能です。簡単!楽しい!

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

  1. より:

    凄い!
    容量が1.5GBも増えて、起動が早くなりました!

  2. おいおい より:

    なんかインストール促されるんですが?

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です