0 / 140

Mozilla、Thunderbird 60.2.1修正バージョンをリリース。マスターパスワードが複数回要求される問題などを数多くの修正が行われています。

Mozillaは2018年10月4日(現地時間10月3日)、Windows PC、MacおよびLinux向けメールクライアントThunderbirdの修正バージョン「Thunderbird 60.2.1」をリリースしました。

メジャー・アップデート版「Thunderbird 60.0」では、「Firefox Quantum」で採用された“Photon”デザインが導入され、外観がFirefoxと共通となりました。また、Thunderbird 60.0はFirefox 60と同じレンダリングエンジン「Gecko 60」を搭載しており、バックエンドもFirefox 60相当となっています。

タブの外観変更をはじめ、「Light」と「Dark」の2種類のテーマ選択や、WebExtensionテーマの有効化もできるようになっています。また、チャット画面のテーマも複数用意されています。そのほかにも数多くの新機能や修正、変更が行われています。

今回の修正版「Thunderbird 60.2.1」アップデートでは、「Thunderbird 60.0」リリース後に明らかとなった不具合やバグのを修正が行われているほか、カレンダーについての機能変更が行われています。また、60.0で無効化されていた自動アップデートが再開されています。

Thunderbird 60.2.1リリース ノート

変更

  • カレンダー: 週の開始日と勤務日の既定値を、選択した日時のフォーマットに従って変更するようになった (OS の設定変更後に Thunderbird を再起動する必要がある)
  • カレンダー: Photon スタイルのアイコンセットに変更

修正

  • Google Mail あるいはカレンダーの OAuth2 認証が有効になっているとマスターパスワードが複数回要求される問題を修正
  • メールアドレスの自動補完のポップアップにおいてスクロールバーが機能しない問題を修正
  • メッセージ編集画面のセキュリティ情報ダイアログに、証明書の状況が表示されない問題を修正
  • アドオンマネージャーの検索結果やテーマ表示中のリンクが外部ブラウザーで開かれてしまう問題を修正
  • 特定の IMAP プロバイダーにおいて、ローカライズされた Thunderbird では “Drafts” および “Sent” フォルダーが正しくローカライズされて表示されない問題を修正 (特にフランス語版)
  • 件名が空白のメッセージに返信すると、Re: が 2 つ挿入される問題を修正 (Thunderbird 60.0 では機能していなかった)
  • スペルチェックにおいて、アポストロフィが付いている単語のマークが消えてしまう問題を修正 (Thunderbird 60.0 では機能していなかった)
  • カレンダー: 週の開始日を設定できない問題を修正
  • カレンダー: イベントやメールでのスケジュールの切り取り・削除に関する複数の問題を修正

既知の問題

未解決

  • チャット: Twitter.com での API の変更により、Twitter が機能しない (近日中に解決の見込み)


なお、Windows、Mac、Linux向けメールクライアント「Thunderbird」の最新バージョンは、既存のすべてのユーザーは自動的にアップデートすることが出来ます。ただ、既存のThunderbird 5以降からの自動アップデートは停止されているので、以下のように新規ダウンロードを行う必要があります。

また、新規にダウンロードする場合などでは、MozillaのThunderbirdダウンロードサイトからダウンロードすることができます。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です