0 / 140
CAPTCHA Image

Apple、iOS 10.1とiOS 10.1.1の署名(SHSH)発行を停止。ダウングレードが不可能に

Appleは本日12月21日(現地時間12月20日)、10月25日リリースされた「iOS 10.1」と11月10日にリリースされた「iOS 10.1.1(Build:14B150)」ファームウェアへの署名(SHSH)を停止しました。

iOS101-iOS1011

すでにiOS 10.0.2およびiOS 10.0.3ファームウェアは11月1日にその署名(SHSH)発行を停止しており、iOS 10.2以前へのダウングレードは不可能となりました。今後、iPhoneを復元しようとする場合には、現段階では12月13日にリリースされた最新OS「iOS 10.2」バージョンのみとなります。


現在のアップグレードの選択肢は「iOS 10.2」のみとなり、また「iOS 10.2」にアップグレードした際のダウングレードの正規バージョンは存在しません。唯一、「iOS 10.2.1」ベータ版からのダウングレードとして「iOS 10.2」への道が残されているという状況です。ということで、それ以前のファームウェアへのダウングレードは行えなくなりました。

The following two tabs change content below.
eswai
ガジェット好きなオヤジです。iPhoneやMac・PCを使っていて、ふとしたときに感じた疑問なんかを自分なりに解決した記事を書いていきます。また、時には楽しい動画なんかもアップしていくつもりです。どうぞよろしく!

つぶやき

Facebookのコメント

この記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です